Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

目玉はAndroidアプリ開発対応 ― Flash Builder 4.5 の新機能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/04/22 14:00

 アドビシステムズが提供する統合開発環境の最新版「Adobe Flash Builder 4.5」が発表された。今回のリリースでは、Androidアプリケーション開発に対応するなど、大幅に機能が強化されている。本稿では、新たに追加された機能を紹介していく。

目次

Flash Builder 4.5の新機能を紹介

 Flash Builder 4がリリースされてから1年ほど経ちましたが、ついにメジャーアップデートについてご紹介できる運びとなりました。最新バージョンである「Flash Builder 4.5」には、様々な新機能や強化機能が追加されました。

注意

 現在Adobe Labsからダウンロードできるのは、初期プレビューリリースです。Flash Builder 4.5およびFlash Catalyst CS5.5の最終リリースは、5月上旬にダウンロード可能になる予定です。

 アドビのプレリリーステスト担当者は、このアップグレードを“なくてはならないもの”と表現しており、アドビはこのアップグレードがFlexデベロッパーとActionScriptデベロッパーにとって最も生産的な開発環境になると考えています。

 Flash Builder 4.5では、次の4つのポイントに重点的に取り組んでいます。

  • モバイルアプリケーションおよびマルチスクリーン対応アプリケーションの開発
  • FlexプロジェクトおよびActionScriptプロジェクトのコーディング作業の高速化
  • デザイナーおよびデベロッパーのワークフローの改善
  • プラットフォームサポートの更新とパフォーマンスの向上

 この記事では、Flash Builder 4.5で導入された新機能、強化機能、ワークフローの概要を説明する他、参考記事も紹介します。お使いいただく際に、ぜひお役立てください。

モバイルアプリケーションおよびマルチスクリーン対応アプリケーションの開発

 Flash Builder 4.5は、Adobe Flex 4.5 SDKやActionScriptを使って構築されたモバイル向けAIRアプリケーションの開発、テスト、デプロイメントを広範にサポートするようになります。デベロッパーの従来のスキルや使い慣れたワークフローを活用しながら、Flash BuilderでWeb、デスクトップ、モバイルに対応したアプリケーションを効率よく開発できます。

 Flash Builder 4.5では、「Flexモバイルプロジェクト」または「ActionScriptモバイルプロジェクト」のどちらかを設定できるようになりました。いずれかのプロジェクトから、1つまたは複数のモバイルプラットフォームを対象とするアプリケーションをパッケージ化できます。今回のリリースでは、Flexプロジェクトで「Google Androidデバイス」がサポートされ、ActionScriptプロジェクトで「Google Android」と「Apple iOS」の両方のデバイスがサポートされます。Apple iOS用のFlexプロジェクトサポートを追加するFlash BuilderおよびFlex SDKのアップデートは、2011年の夏に提供される予定です。

 Adobe Flex 4.5 SDKは、モバイルアプリケーション開発に対応しています。モバイル向けに最適化されたモバイルコンポーネントや、モバイルアプリケーション向けの共通デザインパターンが組み込まれた新しいアプリケーションレベルの構造が提供されています(図1)。Adobe Flex 4.5 SDKを使用したプロジェクトに関して、Flash Builder 4.5のコーディング環境では、コンテンツアシストを通じ、モバイル向けに最適化されたコンポーネントを自動的に提案します。また、デバイスごとに異なる画面サイズや縦横比に対応するため、デザインビューにもモバイルアプリケーション用のレイアウトや、ビジュアルプレビューのサポートが追加されました。

図1. Flash Builder 4.5のモバイルプロジェクトウィザード
図1. Flash Builder 4.5のモバイルプロジェクトウィザード

 Flash Builder 4.5では、アプリケーションのプレビューやデバッグを「AIR Debug Launcher(ADL)」を使用しながらデスクトップ上で実行することができます。また、接続したモバイルデバイス上で実行することも可能です。また、すべてのモバイルプロジェクトで起動オプションや、デバッグオプションを利用できます。

 アプリケーションが完成してデプロイメントの準備が整ったら、Flash Builderで提供されている合理化されたワークフローを使用して、アプリケーションのリリースビルドを書き出します。

 Adobe Flex 4.5 SDKおよびFlash Builder 4.5を使用したモバイルアプリケーション開発について、詳しくはAdobe Developer Connectionサイトに掲載されているNarciso Jaramilloの記事をご覧ください。

Flex/ActionScriptプロジェクトにおけるコーディング作業の高速化

 よりいっそう生産的なコーディング環境を提供できるように、デベロッパーからの要望に耳を傾けてきました。Flash Builder 4.5には、それらの要望が反映されています。Flash Builder 4で追加されたものに加え、コーディングの迅速化に焦点を当てた25種類以上もの新機能を利用できるようになっています。

 Flash Builder 4.5では「コードテンプレート(スニペットとも呼ばれる)」がサポートされ、コンテンツアシストを使って、事前に設定されたMXML、ActionScript、CSSのコードの固まりを自分のコードに挿入できるようになっています。また、パッケージ、クラス、forループ、whileループ、switchブロックの定義など、すぐに使用できる100種類を超える組み込みテンプレートが提供されています。自分で作成したカスタムテンプレートのセットを設定したり、テンプレートをインポート/エクスポートしたりもできるので、開発チームのメンバー全員がプロジェクト用に統一されたテンプレートのセットを使って作業できます(図2)。

図2. Flash Builder 4.5ではコードテンプレートがサポートされる
図2. Flash Builder 4.5ではコードテンプレートがサポートされる

 「クイックアシスト」を利用すると、コード関連のオペレーションが状況に応じて提供されます。クイックアシストは、Flash Builder 4.5で[Ctrl]+[1]キーを押すと表示されます。ファイルやワークスペースの識別子の名前変更、インポートの整理、ローカル変数のフィールドへの変換、変数への式の値の代入、getter/setterの生成、イベントハンドラーの生成、ラベル関数の生成、変数宣言の分割にも対応しています。また、コード内で未定義の変数、メソッド、クラス、インターフェイスを参照するときに、クイックアシストを使用してスタブコードを生成することも可能です。Flash Builder 4.5にリアルタイムの警告としてオレンジ色の波線が表示されるので、クイックアシストを使用して問題を解決し、進行中の開発タスクを継続することができます。

 上記の機能の他にも、メタデータコンテンツアシストが提供されています。コードビューで「[」(左角かっこ)を入力すると、Flex SDKおよびカスタムメタデータの両方に対するコードヒントが提示されます。また、ActionScript向けの提案のサイクル表示を実現するため、コンテンツアシストが強化されています。つまり、テンプレート、変数、関数、クラス/インターフェイス、パッケージ、名前空間のいずれかだけを表示するように、コードヒントを瞬時にフィルタリングできます。さらに、オーバーライドしたい親クラスのメソッド、または、実装したいインターフェイスのメソッドのスタブメソッドも生成できます。

 また、小規模な機能強化を幅広く行うことにも取り組んできました。これらの機能により、全体的なコーディング環境が大きく改善されています。Flash Builder 4.5では、次の機能が強化されています。

  • getter/setterによる、Bindableメタデータと送出イベントコードのサポート
  • 拡張CSSコンテンツアシスト、ナビゲーション、およびリファクタリング
  • MXMLドキュメントのコード書式設定
  • MXMLのイベントハンドラーのコンテンツアシストによる既存の関数の表示
  • ステート選択時における、コード補完によるステート構文の挿入
  • 次/前のサブワードのナビゲーションサポート
  • ブロック選択および編集モード

 Flash Builder 4.5のコード生成機能について詳しくは、Adobe Developer Connectionサイトに掲載されているSameer BhattとSameer BhattとSreenivas Ramaswamyの記事をご覧ください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Andrew Shorten()

    アドビのFlash Builder担当シニアプロダクトマネージャ。コンピューターベース体験の品質、豊かさ、価値を高めるために奮闘中です。富士通に在職中は、政府および 企業顧客向けのWeb、キオスク、モバイルユーザーインターフェイスの開発に携わっていました。その後、Macromedia、Micros...

バックナンバー

連載:Adobe Developer Connection

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5