Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Curl EXT」を使って、効果的な画面遷移とExcelライクな一覧画面を作ってみよう!

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/07/28 14:00

ダウンロード サンプルソース (3.0 KB)

目次

EmbeddedRecordFormの埋め込み

 WorksheetにはRecordFormを埋め込むことができます。

RecordSetをフォームで表現しているToDoリスト(EmbeddedRecordFormが埋め込まれている)
RecordSetをフォームで表現しているToDoリスト(EmbeddedRecordFormが埋め込まれている)

使い方

 EmbeddedRecordFormをインスタンス化する際のコンストラクタ引数は、以下のようになります。

ソースコード(sample\/worksheetdemo4.curl)
EmbeddedRecordForm.default
   data-source:RecordSetDataSource        ||ここから取り出される各レコードがフォームを生成します
   id-field:String                        ||キーとなるフィールド名(デフォルト:"id")
   worksheet:#Worksheet                   ||このEmbeddedRecordFormWorksheetが属しているWorksheet(デフォルト:null)
   sort:#RecordSort                       ||適用するソート(デフォルト:null)
   filter:#RecordFilter                   ||適用するフィルタ(デフォルト:null)

 FieldSpecクラスが、レコードの各フィールドの値を表示、編集するためのセルとなります。コンストラクタの引数は以下のようになります。

FieldSpec.default
   field-name:String             ||フィールド名
   rowspan:int                   ||行の範囲(デフォルト:1)
   colspan:int                   ||列の範囲(デフォルト:1)
   editable?:bool                ||ユーザーによる編集の可否(デフォルト:false)
   locked?:bool                  ||セルの編集可否状態を固定表示するかどうかの設定(デフォルト:false)
   ui-spec:any                   ||セルの値の編集/表示方法の設定(デフォルト: null)
   ...

まとめ

 今回は、サンプルソースを交えて、Curl EXTについて紹介しました。

 このほかにも、さまざまなUIコンポーネントを用意しています。次回は、第2段として地図などの図形情報を読み込んでオブジェクトとして表示させる「ジオグラフィックAPI」などの機能を中心にご紹介します。

 この機会にぜひ、Curl開発環境CDEを利用してCurl EXTに触れてみてください。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:CurlデベロッパーセンターPick Up

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5