Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

アドビ、タッチスクリーン用アプリケーション「Adobe Touch Apps」発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/10/04 12:26

 米Adobeは米国時間の3日、米カルフォルニア州で行われているAdobe MAX 2011にて、AndroidタブレットとApple iPad向けに設計されたタッチスクリーン用アプリケーション「Adobe Touch Apps」を発表した。

 Adobe Touch Appsは、ユーザーがタブレットデバイス上でクリエイティブな作業を行えるよう支援するツール。「Adobe Photoshop Touch」「Adobe Collage」「Adobe Debut」「Adobe Ideas」「Adobe Kuler」「Adobe Proto」の6種類から構成されている。

 Adobe Photoshop Touchでは、Photoshopのコア機能を使った画像の編集がタブレットデバイス上で可能。同期機能により、Photoshop内でファイルを開くこともできる。Adobe Collageは、画像・テキスト・Creative Suiteのファイルなどをイメージボードに統合でき、Adobe Debutは、PhotoshopのレイヤーやIllustratorのアートボードなどをタブレット上で素早く表示できる。そのほか、ベクトルベースの描画ツールであるAdobe Ideas、カラーテーマの生成を行うAdobe Kuler、Webサイトやモバイルアプリ向けの双方向ワイヤフレームとプロトタイプをタブレット上で開発できるAdobe Protoなどが用意されている。

 Adobe Touch Appsは、同イベントで発表したクラウドサービス「Adobe Creative Cloud」で提供される基本的要素の1つであり、また独立したアプリケーションとしても近日提供が開始される。Android向けの提供は2011年11月を予定しており、iOS機器への対応は2012年に発表される予定だ。iPad向けのAdobe Ideasは、すでに提供が開始されている。

 導入価格は、それぞれのアプリケーションごとに9.99米ドル。Adobe Creative Cloudの料金設定と、アプリケーション、サービス、コミュニティ関連の拡張機能に関する詳細は、2011年11月初旬に発表される予定。

 
【関連リンク】
Adobe Touch App
Adobe Photoshop Touch
Adobe Collage
Adobe Debut
Adobe Ideas
Adobe Kuler
Adobe Proto

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5