Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「PHP5技術者認定上級試験」を2012年1月11日から開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/12/07 12:10

 PHP技術者認定機構は、7日に「PHP5技術者認定上級試験」の要綱を公開するとともに、2012年1月11日から全国100か所以上のプロメトリック社試験センターにて、通年受験が可能になると発表した。なお、同試験は合否だけでなく、スコア認定方式を併用し、得点に応じたレベル認定も行う。

 「PHP5技術者認定上級試験」は、PHPの言語仕様から、実用的なプログラミングテクニックまでの知識を問うもので、受験料金は15,000円(税抜)。設問数は60問で、試験時間は2時間、出題形式は選択式(単一または複数選択)となっている。

 試験会場は、全国のプロメトリック社試験会場。試験開始日は2012年1月11日で、2012年1月5日より予約の受け付けを開始する。

 スコア認定は、90%以上の正答で「Honor Expert認定」、70~89%でPHPの言語仕様から実用的で高度なプログラミングテクニックをもつ上級者と認める「Expert認定」、50~69%でオンラインマニュアル等を参考にプログラミングができるレベルと認める「Senior」、30~49%でオンラインマニュアル等を参考にプログラミングができるが、部分的に基礎知識の修得が必要なレベルの「Junior」、29%以下の場合は基礎知識の修得を必要とするレベルの「Sophomore」となる。

 「Honor Expert認定」と「Expert認定」は合格認定証明書を送付し、「Senior」以下についてはスコア証明書を送付する。

 なお、2012年3月末までに不合格申請を行った受験者は、2012年4月末まで無料で再受験できる。さらに、「PHP5技術者認定上級試験」の合格者は、「PHP5 技術者認定ウィザード」を無料で受験可能になる。


【関連リンク】
PHP技術者認定機構
「PHP5技術者認定上級試験」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5