CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本OpenStackユーザ会、国内初のOpenStackカンファレンス「OpenStack Day Tokyo 2013」を開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/02/13 12:07

 オープンソースで開発されているクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」の普及促進に取り組んでいる日本OpenStackユーザ会(JOSUG)は、国内初のOpenStack専門カンファレンス「OpenStack Day Tokyo 2013」を、3月12日に秋葉原コンベンションホールにて開催する。

 「OpenStack Day Tokyo 2013」は、「OpenStack - Business Ready!」をテーマに、クラウドサービス提供者や技術者、経営者層やビジネスユーザーなどのクラウド利用者を対象に、クラウド市場の新しい発展の方向性を示すとともに、すでに実用段階に入っているOpenStackのメリットを再確認できるよう、国内外の最新情報を共有する機会を提供する。

 基調講演には、OpenStackプロジェクトの共同創始者の1人であり、現在はOpenStack FoundationのCOOであるMark Collier氏が登壇し、「The Rising Stack: How & Why OpenStack is Changing IT」と題した講演を行う。また、同じく基調講演として国立情報学研究所(NII)アーキテクチャ科学研究系特任教授で、クラウド基盤運用技術が研究分野の横山重俊氏が、「Education and Research on Open Cloud」と題して講演する。

 JOSUGメンバーを含む国内外20以上の企業・団体が「OpenStack Day Tokyo 2013」に協賛・後援しており、講演ならびに併設展示会場にて、海外のOpenStack活用事例や運用ノウハウ、各社の最新ソリューションの紹介を行う。

 なお、「OpenStack Day Tokyo 2013」の運営は、JOSUGのボードメンバーから選出された8名で構成する、OpenStack Day Tokyo実行委員会が担当している。


【関連リンク】
日本OpenStackユーザ会
「OpenStack」
「OpenStack Day Tokyo 2013」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5