Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Opera Software、「Opera Next 15」をリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/05/29 11:56

 Opera Softwareは、28日(現地時間)、Webブラウザ「Opera」のデスクトップ向け最新バージョンとして、「Opera Next 15」をリリースした。

 「Opera Next 15」は、これまでベータ版としてリリースされていたもので、WindowsとMacに対応している。新機能としては、「Speed Dial」「ディスカバー機能」「スタッシュボックス」を備えており、検索機能やユーザーインターフェースも変更した。

 「Speed Dial」は、スタートページを刷新し、Webコンテンツをより簡単かつスマートに探し出せるようにした。アイテムはフォルダごとにまとめられ、簡単にフィルタリングできる。また、「Speed Dial検索フィールド」を使えば、従来のブックマークフォルダのような柔軟性と、効率性を兼ね備えたグラフィカルなエントリとして使える。

 「ディスカバー機能」は、ブラウジングすることなく、話題のコンテンツを見つけられる機能で、住んでいる国や関心のある地域の新しい記事を、検索することなく、カテゴリ別に自動で表示する。

 「スタッシュボックス」は、アドレスバーのハート型のアイコンをクリックするだけで、比較したいWebサイトを簡単に収集できる。収集したページは、サイズ変更可能なページプレビューや、キーワードでの検索に対応している。

 アドレスバーと検索バーは統合され、検索用語を入力し、検索エンジンを選択して、直接検索を実行できる。

 エンジンにはChromiumエンジンを採用しており、かつて「Opera Turbo」と呼ばれていたデータ圧縮モードで、SPDYプロトコルをサポートしているので、ネットワーク状態が悪くても、Webページの高速なロードを可能にしている。

 なお、Opera Softwareでは、ユーザーからのフィードバックに基づき、メールクライアントをスタンドアロンの「Opera Mail」として提供する。メールクライアントの分離によって、ブラウザ自体のメモリ使用量削減を実現している。

 「Opera Mail」は、ラベルやフィルタリング、スレッド、マルチタブ機能によって、高速でスムーズなメール操作を体験できる。現在は、RC版が提供されている。


【関連リンク】
Opera Software(英語)
「Opera Next」(英語)
「Opera Mail」(RC版、英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5