SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

「Developers Summit 2014」公式サイトオープン、参加申込も受付開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 翔泳社主催のソフトウェア開発者向けイベント「Developers Summit 2014」(以下、デブサミ2014)が、2014年2月13~14日の2日間にかけて、目黒雅叙園(東京・目黒)で開催される。25日に公式サイトが正式オープンし、参加申込も開始した。通算12回目の開催。

 今回のメインテーマは「Story」で、前年のテーマ「Action!」を実際に始めた、または始めようとしているという有志者のロールモデル紹介を軸に、各セッションが企画されている。

 初日に予定している基調講演は『クラウドが生み出し始めた「Enterprise」「Social/Web」「StartUp」の3つ世界2014』で、前年度の基調講演をバージョンアップし、前回と同じくアマゾンデータサービスジャパンの玉川憲氏によるコーディネートでお届けする。

 また、今回特別企画として、イベント前日の2月12日に「デブサミ2014 Day0 Featuring Tokyo MotionControl Network」(略称:センサー・デバイス祭)、2日目にハンズオンセミナー「クラウド環境構築Hands On Seminar」の準備が進められており、どちらも2014年1月上旬に参加申し込みを開始する。同様に運営スタッフ、カメラマン、togetter職人のボランティアも同時期に募集予定。

 イベントの個人スポンサー(コーヒー提供のスポンサー)は現在受け付けており、プレミアムシートでの聴講、翔泳社の書籍・デブサミ2014オリジナルグッズといった特典を受けられる。

 「タイムテーブル」のページで各セッションの詳細を確認することができる。調整中のセッションも随時更新されていく予定。ご期待ください。

 人気セッションは早期に満席となってしまうことが多いので、参加登録はぜひお早めに。

デブサミ2014公式ページ
デブサミ2014公式ページ

 
【関連リンク】
Developers Summit 2014

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/7570 2013/12/26 13:34

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング