SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Windows Azureを始めてみよう(AD)

Windows Azure Active Directoryことはじめ

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[3]新規プロジェクトの作成

 Visual Studioを起動して、メニューバーから[FILE]->[New]->[Project]を選択します。[New Project]画面の左ペインから、[Installed]->[Visual C#]->[Web]を選択し、右ペインに表示された[ASP.NET Web Application]をクリックします。以下の項目を入力し、[OK]ボタンを押下します。

  • [Name]欄:任意の名前を設定
  • [Location]欄:任意のパスを設定
  • [Solution name]欄:任意の名前を設定

 図8のように[New ASP.NET Project]画面から、[Change Authentication]ボタンを押下すると、[Change Authentication]画面が表示されるので、[Organizational Accounts]ラジオボタンを選択すると、右ペインが図9の通り表示されるので、以下の項目を入力し、[OK]ボタンを押下します。

  • [Name]欄:認証対象を設定。今回は[Cloud - Single Organization]を選択する
  • [Domain]欄:手順1で作成したドメイン名を設定
  • [Access Level]欄:ディレクトリサービスへの操作レベルを指定。今回は[Single Sign On]を選択する
図8:認証方法の変更
図8:認証方法の変更
図9:ディレクトリサービスの指定
図9:ディレクトリサービスの指定

 入力が完了すると、ディレクトリサービスへのサインイン画面が表示されるので、手順2で作成したディレクトリに対する管理者のIDと一時パスワードを入力します。

図10:ディレクトリに対して管理者アカウントでのサインイン
図10:ディレクトリに対して管理者アカウントでのサインイン

 サインインが成功すると、図11のように[パスワードの変更]画面が表示されるので、任意のパスワードを設定してください。

 管理者に対する新規パスワード設定が完了すると、[Chage Authentication]画面に戻るので[OK]ボタンを押下、[New ASP.NET Project]画面に戻り、再度[OK]ボタンを押下します。

図11:ディレクトリに対して管理者アカウントでのサインイン
図11:ディレクトリに対して管理者アカウントでのサインイン

[4]アカウント情報の保存先の変更

 プロジェクトが作成されたら、プロジェクト内から[Web.config]を開きます。既定の設定では、SQL Server Express LocalDBへユーザ情報を格納する設定になっていますので、これをリスト1のようにWindows Azure SQL Databaseの設定に変更します。

[リスト01]Web.config(変更後)
<configuration>
  <connectionStrings>
    <add name="DefaultConnection" 
	   connectionString="Data Source=tcp:<サーバ名>.database.windows.net,1433;Initial Catalog=<データベース名>;Integrated Security=False;
	             User Id=<ユーザ名>@<サーバ名>;Password=<パスワード>;Encrypt=True;TrustServerCertificate=False;MultipleActiveResultSets=True" 
	   providerName="System.Data.SqlClient" />
  </connectionStrings>
</configuration>

次のページ

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Azureを始めてみよう連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト 安東 沙織(アンドウ サオリ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/7608 2014/06/30 15:37

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング