Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows Azure Active Directoryことはじめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/03/28 00:00
目次

サンプル2 多要素認証の有効化

 以下では、ディレクトリサービスにおける多要素認証を有効化する手順を紹介します。

前提条件

  1. WA ADにて、ディレクトリが作成済みであること
  2. Windows Azure Webサイトにて、ディレクトリサービスとSSO可能なプリケーションを作成しておくこと

 今回は、1つめのサンプルで作成したディレクトリサービス、アプリケーションを利用します。

手順

[1]多要素認証を有効にしたユーザの作成

 サンプル1の手順2で作成したのと同様に新規ユーザを作成します。この際、図19の画面で以下の項目を選択してください。

  • [ロール]欄:[ユーザー]を選択
  • [多要素認証]チェックボックス:有効にするため、チェックを選択
図19:多要素認証の有効化画面
図19:多要素認証の有効化画面

[2]多要素認証の実施

 ユーザの作成が完了したら、先述したSSOのサンプルで作成したWebサイトにアクセスします。管理者を作成した際と同様にサインイン画面が表示されるので、[別のアカウントを使用する]リンクを選択して、手順1で作成したユーザと一時パスワードでサインインします。

図20:新規作成したユーザでのサインイン
図20:新規作成したユーザでのサインイン

 サインインが成功すると[パスワードの変更]画面が表示されるので、一時パスワードから適当なパスワードに変更し、[送信]ボタンを押下します。

 パスワードの変更が完了すると、次に多要素認証が開始されます。図21の通り、[今すぐセットアップ]ボタンを押下すると、[追加のセキュリティ確認 手順1:既定で使用する連絡方法を指定する]画面が表示されます。

図21:多要素認証を行うため再度サインイン
図21:多要素認証を行うため再度サインイン

 [追加のセキュリティ確認 手順1:既定で使用する連絡方法を指定する]画面で以下の項目を入力し、[次へ]ボタンを押下します。

  • [認証手段]欄:[携帯電話]、[会社電話]、[モバイルアプリケーション]の中から適当なものを選択。今回は[携帯電話]を指定
  • [国/地域]欄:選択した認証手段(今回は携帯電話)の契約している国や地域を選択。今回は[日本(+81)]を指定
  • [テキストボックス]:認証に利用する電話番号を設定
  • [モード]欄:SMSを利用した[テキストメッセージでコードを送信する]もしくは[電話]による認証を選択する。今回はSMSを指定
図22:認証方法の選択
図22:認証方法の選択

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 安東 沙織(アンドウ サオリ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Windows Azureを始めてみよう
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5