CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Webアプリケーションフレームワーク「Liferay」のWebコンテンツ作成機能

Liferay 6.2を使ったWebコンテンツの作り方 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Liferay Portalは中・大規模Webシステムを構築するのに適した、オープンソースのWebポータルアプリケーションフレームワークです。Apache Tomcat、JBoss、WebSphereといった主要なアプリケーションサーバ/Webコンテナ上で動作します。簡単に拡張可能なWebコンテンツ管理に加え、ユーザー/組織/ユーザーグループ/サイトという概念を用いたユーザー/サイトの認証管理や、ワークフロー(Kaleo Workflow)を用いた承認プロセスの組み込みも、Liferay Portalプラットフォームに組み込まれているため、スクラッチから開発するのと比べて工数を大幅に削減することが期待できます。

目次

 それらビジネスアプリケーションに必須の機能が、Liferay Portalに備わっているため、企業システムを構築する際に要求される複雑な組織構造やサイト構造、認証管理や承認プロセスも、簡単に自システムに組み込むことが可能になっています。

 具体的な例としては、米国トヨタ(オーナー会員向けポータル)シスコシステムズ(開発者向けコミュニティサイト)やセサミストリートフランス国防省、(内部ポータル)やアライアンツ(保険、顧客用ポータル)などが挙げられ、さまざまな分野のWebシステム構築基盤として使われています。

 本記事では、簡単な不動産Webサイトを構築するというケースを通して、Liferay Portalを使う際の基本となる、Webコンテンツ作成機能について紹介していきます。

対象読者

  • Webポータルを低コストで構築したいと考えている方
  • オープンソースWebシステム構築基盤をお探しの方

必要な環境

 Windows 7/8(Mac OSX、Linux上でも動作可能ですが、本記事ではWindows 7上での動作をベースに話を進めます)、クアッドコアCPU、メモリ4GB以上のマシンを推奨。

  • OS:Windows 7
  • Java:1.7
  • 使用可能ブラウザ:Chrome 21以上、Firefox 14以上、Internet Explore 9と8、Safai5.1以上

 詳しくは、Liferayサポートマトリクスを参照してください。

Javaのインストール

 下記のページより、最新版のJDK1.7をダウンロードしてください。

 システム詳細設定→環境変数→システム環境変数にJAVA_HOMEがなければ値を新規作成、JAVA_HOMEにJDKのパスを設定(例:C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_51)。

 同じシステム環境変数内の環境変数Pathの最後に;%JAVA_HOME%\binを追加。

Liferay Portal 6.2のインストール

 適当なディレクトリに7zipなどを使って解凍します。

 解凍されたフォルダの直下に、portal-ext.propertiesというファイルを作成し、

velocity.engine.restricted.variables=

と一行記述してください。

 Liferay Portalはデータベースを指定しなくても、自動的にファイルベースのデータベース、HSQLDBを使用します。しかしながらこれは開発専用で、本番環境では使用できません。本記事ではMySQLのインストール等は説明しませんが、ローカルに立てているMySQLを使いたいという方は、portal-ext.propertiesに

jdbc.default.driverClassName=com.mysql.jdbc.Driver
jdbc.default.url=jdbc:mysql://localhost/データベース名?useUnicode=true&characterEncoding=UTF-8&useFastDateParsing=false
jdbc.default.username=ユーザー名
jdbc.default.password=パスワード

を記述すると、MySQLに必要なテーブルが生成され、使用できるようになります。

 解凍されたディレクトリ以下の\tomcat-7.0.42\bin\startup.batをダブルクリックします(Mac OSX、Linuxの場合はstartup.sh)。するとコマンドプロンプトが開き、セットアップが実行されていきます。コマンドプロンプトに「Server startup in….ms」と表示され、自動的にブラウザが立ち上がり、インストール初期画面が表示されます。

インストール初期画面
インストール初期画面

 Default Languageから日本語を選択して、「Change」ボタンを押すと、日本語表示に切り替わります。

 デフォルト言語下の「サンプルデータを追加します」のチェックを外し、残りはデフォルトのまま「設定終了」ボタンを押します。

日本語インストール画面
日本語インストール画面

 インストールが終了すると、

設定保存完了画面
設定保存完了画面

が表示されるので、「ポータルへ移動」ボタンを押します。英語で利用規約が表示されるので、画面一番下の「同意する」ボタンを押します。新規パスワード設定画面になるので、今回はデモのため、testと入力します(本番環境ではちゃんとしたパスワードを設定してください)。次の画面では、パスワードを忘れた時の質問を聞かれるので、質問を選択し、答えを入力してください。

 インストールが完了し、トップ画面が表示されます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 竹生 泰之(日本ライフレイ株式会社)(タケオ ヤスユキ)

    日本ライフレイ勤務。官公庁向け制御系システム開発、複合機のユーザーインターフェース開発、CRMのWebアプリケーションエンジニアを経て、現在はWebポータル/イントラネットのオープンソースアプリケーション、Liferayのコミュニティマネージャ/コンサルタントとして活動中。 BMX(バイシクルモト...

バックナンバー

連載:Liferay 6.2を使ったWebコンテンツの作り方
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5