CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

コンバージョンが2倍になったWebサービスのカイゼン基礎知識 ~ アクションにつながるデータの見方・作り方

リクルートジョブズ流が学べる Webサービス開発・運営セミナー 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/14 14:00

目次

指標をアクションにつなげた成功事例

 ここからは指標をアクションにつなげて改善に成功した話として、「タウンワーク」で成果を大幅に高めた事例をお話しします。

問題点の整理

 タウンワークでは会員向けに、求人を紹介するメールを送信しているのですが、そこからの応募数が低いという問題を以前から抱えていました。少し調べてみると、次のような問題点があることが明らかになりました。

  • 1週あたりの通数が少ない
    • 1桁でした
  • ユーザーに合った適切な情報が送られていない
    • メールのタイトル、内容が全メールで同じ
    • パーソナライズされていない
    • 登録内容と紹介求人のミスマッチ

 そこで、これらの問題点を解決するべく、次のように指標(KPI)とアクションを設定しました。

指標(KPI)
・メールからの応募数(CV数)
「通数が少ない」ことへのアクション
・配信頻度を増やす
・種類を増やす
「ユーザーに合った適切な情報が送られていない」ことへのアクション
・タイトル、内容の見直し
・求人抽出ロジックの改善

メール配信の改善

 アクションの設定では、会員を年齢や職業などさまざまにセグメンテーションして、指標であるメールからの応募数を細かく見ていきました。メールの配信については「通数が少ない」という問題点が挙がっていましたが、それ以前に「この会員に対し、なぜこんな時間にメールを配信するのか」という現状が明らかになりました。そもそも配信時刻の設定に、会員のセグメントが考慮されていないようでした。

改善前の配信時刻(新着:新着記事の紹介、締切:締切が近づいた求人のお知らせ、特集:特集記事の紹介)
改善前の配信時刻(新着:新着記事の紹介、締切:締切が近づいた求人のお知らせ、特集:特集記事の紹介)

 

 これを、次のように改善しました。

改善後の配信時刻
改善後の配信時刻

 

 改善として何をしたのか? この答えはシンプルです。

「セグメントごとに、
 適した内容で、
 適した時間に配信した」

 というだけのことです。デモグラメール[2]は、例えば主婦と学生には次のように配信しました。

主婦に配信するデモグラメール
・主婦向け求人のみに絞る。
・家事などの忙しい時間を避ける。
学生に配信するデモグラメール
・学生から人気のある求人のみに絞る。
・昼間は学校に行っているので夜に送る。

 一方、レコメンド(おすすめ)メールは次のように改善を行いました。

「検索率」をベースに時間を決める
・昼、夕方、夜で波があるがピークが20〜22時にくるため、送信時間を20時に決定。
・データはBigDataから取得。
内容はBigDataチーム独自のロジックから抽出
・ユーザーが見た情報と求人の関連をスコアリング。

 これらはまさに、Alistair Crollさんの指摘である「いかにデータを細かくするか」「セグメンテーションする(ユーザーを分類する)」「時系列を無視した平均化はダメ」を実施したものです。

[2] デモグラはデモグラフィックの略で、年齢や性別、職業など人口統計学上の属性のこと。デモグラメールはこうした属性別に送信するメール。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:リクルートジョブズ流が学べる Webサービス開発・運営セミナー

著者プロフィール

  • takumin(タクミン)

    リクルートジョブズ Web Develop Director。 新規開発や新規案件のリーダーを担当。 ほぼディレクション。たまに企画。たまに実装。たまに分析してます。 よく使う言葉は「神は細部に宿る」

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5