Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Red Hatのモバイルアプリ開発プラットフォームがOpenShiftに対応、Dockerコンテナ環境で利用可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/21 15:50

 Red Hatは10月13日(現地時間)、同社が提供しているモバイルアプリ開発プラットフォーム「Red Hat Mobile Application Platform」(以下、Mobile Application Platform)が、「Red Hat OpenShift Container Platform」(以下、OpenShift)に対応したことを発表した。

 Mobile Application Platformは、アジャイルな手法でスピーディーにモバイルアプリケーションの開発を行うことができるといった特色を持つ。フロントエンド、バックエンド、DevOpsといった各チーム間の協力を可能とし、モバイルソリューションの開発、統合、配備、管理の簡易化、高速化をサポートしてきた。これまでSaaSとして、またはオンプレミスのサーバー上で動作するプラットフォームとして提供されてきたが、昨年のサービス開始当初よりOpenShiftの商用版であるOpenShift Enterpriseへの対応が予告されていた。今回はそれを実現した形だ。

 OpenShiftはRed Hatが提供するPaaS環境で、DockerコンテナとKubernetesベースのコンテナプラットフォーム。オンプレミスでもOpenShiftを導入した環境であれば、Mobile Application Platformのスケールアウトを容易に行うことができる。なお、既存のSaaS版Mobile Application Platformも引き続き提供される。

 また、ワークフォースマネジメントモジュール(WFM)「FeedHenry RainCatcher」をテクノロジープレビュー版として公開したことも併せて発表された。FeedHenry RainCatcherはJavaScriptとNode.jsベースで開発されているオープンソースのモジュール群で、人事業務の効率を高めるためのモバイルアプリの構築を迅速かつ容易にする。

 【関連リンク】
Red Hat
Red Hat Mobile Application Platform
FeedHenry RainCatcher

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5