Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Ionic、モバイル向けのアプリケーションフレームワーク「Ionic 2.0.0」の正式版をリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/01/26 15:50

 米Ionicは、モバイル向けアプリケーションフレームワーク「Ionic 2.0.0」の正式版を、1月25日(現地時間)にリリースした。

 「Ionic 2.0.0」は、クロスプラットフォームのモバイルアプリ開発に対応した、新たなコンポーネントを備えており、70を超えるネィティブ機能を備えたネイティブ・プラグインシステムや、アプリの外観を簡単にカスタマイズ可能なテーマ機能を搭載している。

 また、iOS/マテリアルデザイン/Windowsの3種類のモードをサポートし、アプリの動作はそのままに、ルック&フィールをそれぞれのプラットフォームに合わせて変更できる。

 新たに実装した「Virtual Scroll」機能によって、開発したアプリのスクロール速度は、Android/iOSどちらも60FPSを実現するなど、画面表示に関するパフォーマンスも向上している。

 このほか、最初のRC版から新たに加わったApp Scriptsではエラー処理とデバッグ機能を一新しており、Ionic Serveにはプラットフォームによるアプリの外観の違いを手軽に確認可能な「Ionic Serve Lab」機能を備えるなど、付属ツールにも新機能が搭載された。


【関連リンク】
Ionic(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5