CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

    CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

執筆記事

  • 2009/04/14

    サーバー運用管理ソフト「Hinemos 3.1.0」リリース

     NTTデータは4月13日、オープンソースのサーバー運用管理ソフト「Hinemos(ヒネモス)」バージョン3.1.0をリリースした。バージョン3.1.0では、新たにWindows Server 2008を監視可能とし、またSNMPに加えてWBEMに対応した。

  • 2009/04/10

    Hadoop上で動く機械学習ライブラリ 「Apache Mahout 0.1」リリース

     オープンソースの検索ソフトウェアを開発するApache Luceneプロジェクトは8日、サブプロジェクトとして機械学習ライブラリ「Apache Mahout」初の公式リリースとなるバージョン0.1をリリースしたと発表した。

  • 2009/04/10

    はてなが「アンテナ機能」を追加し、ソーシャル機能を強化

     株式会社はてなは9日、利用者が自分の「お気に入り」に登録しているユーザーの活動状況を一覧できる「アンテナ」機能を、利用者のプロフィールページに追加した。同様のタイムライン表示はSNSサービス大手の「Faceboook」などに見られるが、これまでブログやブックマークを提供してきた同社が、ソーシャル機能を急激に強化してきている。

  • 2009/04/10

    Google App EngineがJavaをサポート

     Googleが提供するクラウドプラットフォーム「Google App Engine」で4月7日、プログラミング言語としてJavaが利用できるようになった。これまでGoogle App Engineでは、スクリプト言語のPythonだけが利用できた。Java環境が提供されることで、利用者の拡大が期待される。 

  • 2009/04/09

    「40 Years of RFCs」 RFCの40年の歴史が発行される

     1969年4月7日に最初のRFCが発行されてから40年。これを記念したRFC 5540「40 Years of RFCs」が発行された。この「情報(Informational)」ステータスのRFCでは、RFCが発行されてきた歴史と現状が簡単にまとめられている。

  • 2009/04/09

    「JJUG Cross Community Conference 2009 Spring」 参加登録を受付中、4月21日開催

     日本Javaユーザグループ(JJUG)によるJavaの総合カンファレンス「Cross Community Conference 2009 Spring」が、4月21日に国立オリンピック記念青少年総合センターで開催予定。公式サイトでセッション内容やタイムテーブルが発表され、4月7日に参加登録も開始された。

  • 2009/04/09

    「mixiアプリ」個人向けにオープンベータ版を公開 開発資金を支援する「mixiファンド」設立も発表

     株式会社ミクシィは4月8日、個人でも利用可能な「mixiアプリ」オープンベータ版を公開した。公開に合わせて、出資や「mixiアプリ」買い取りなどでソーシャルアプリケーションプロバイダーを資金面から支援する「mixiファンド」の設立も発表された。

7343件中6490~6496件を表示



All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5