CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS re:Invent 2019参加レポート(2)~新サービスと事例に見るセキュリティ対策の最新動向~

「AWS re:Invent 2019」参加レポート(2)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/18 11:00

目次

セキュリティガバナンス強化をサポートするサードパーティツール

 AWSにより多くのセキュリティに関するアップデートが発表される中で、セキュリティベンダーによるパブリッククラウド向けのサービスも盛り上がりを見せています。本稿では、セキュリティベンダーであるCheckPoint社のセッションを紹介します。

 AWSのさまざまなセキュリティに関するサービスが紹介されたのち、サードパーティの競争領域が提示されていました。

 CheckPoint社が提供するDome9の機能によって、AWSの各種情報を集約し、解析、修復することでクラウドのガバナンスの維持をサポートすることができると述べられていました。

 NTTデータでも、Cloud Security Posture Management(CSPM)のサービスとして、A-gateを提供しています。A-gateは、NTTデータの知見と本稿で紹介した各種サービスやそれらのベストプラクティスを活かし、セキュリティリスクの検出と修復の機能を提供しています。

 前述のGoldman Sachsのように、クラウドにおけるガバナンスの維持のため、独自のセキュリティならびにコンプライアンスポリシーを確立し、実装することは大きなコストがかかります。その中で、セキュリティベンダーが提供するツールを活用することも有効な選択肢になると思います。

おわりに

 以上、本記事ではre:Invent 2019におけるセキュリティについてフォーカスして新機能とセッションの内容を紹介しました。日々変化する攻撃の手口とインフラストラクチャーに追従するために、今回のre:Inventで多く発表されたAIを利用したセキュリティリスクの検出機能を利用することは有効であると感じました。冒頭で記載したエンタープライズ領域へのパブリッククラウドの拡大に向けては、アップデートされた技術を組み込みつつ、セキュリティリスクをいかに早く検出するかがカギになるように感じました。

 re:InventではセッションやChalkTalk以外にも、各種イベントが開催されています。第3弾では、re:Inventで開催されたイベントについてご紹介します。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:「AWS re:Invent 2019」参加レポート

著者プロフィール

  • 真中 俊輝(NTTデータ)(マナカ トシキ)

    全社のシステム開発環境をクラウド上に集約する「統合開発クラウド」の開発、NTTデータの開発標準フレームワークTERASOLUNAのAWS対応を担当。 現在は、パブリッククラウドを活用するためのソリューションである「A-gate」をはじめとした社内のプロジェクト支援、社内のパブリッククラウド人材の育...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5