CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

kubernetesクラスターに可観測性を持たせるポイントを解説【デブサミ2020夏のみどころ】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/14 12:00

 デベロッパーの祭典「Developers Summit(デブサミ)」の夏開催であるデブサミ夏、今年は「デベロッパーが推進するDXと開発プロセスの変革」をテーマに、7月21日にオンラインで開催します。本特集では、今回のデブサミ夏の開催を支援いただいている企業のみなさまによる、セッションのみどころをご紹介します(編集部)。

セッション名

New RelicのOSSツールとKubernetesクラスターの可観測性

セッション概要とポイント

 New Relicはkubernetesクラスターの可観測性にも力をいれており、利用しているツールの多くはGitHub上に公開されています。このセッションではNew Relicのオープンソースコードを基にしながら、kubernetesのイベントやログを計測し可観測性(オブザーバビリティ)を持たせる方法を解説します。

 クラスター上で動くアプリケーションの可観測性まで同時に獲得するためには、metrics、event、logs、tracesをどのように関連づけていくべきか、そのポイントにまで踏み込んで行きます。

セッションで得られること

  • kubernetes運用の民主化の流れを知る
  • 監視と可観測性(オブザーバビリティ)の違いを知る
  • kubernetesの可観測性を得る方法の実装例を知る
  • kubernetesクラスターだけでなくその上で動くアプリも含めた可観測性を得る方法を知る
  • New RelicがPrometheusなど既存のOSSツールとどのように連携できるのか知る

登壇者プロフィール

田中 孝佳

New Relic
Senior Technical Support Engineer

ソフトウェアエンジニア、インフラエンジニアなど自社開発や自社運用の現場で経験を積んだのち外資系ソフトウェアベンダーでのテクニカルサポートを経て現職。New Relicユーザーだった経験あり。コミュニティでの登壇活動も多く、Microsoft MVPを7年連続受賞中。Microsoft Certified Azure Solutions Architect Expert。得意分野はC#をはじめとするソフトウェア開発、Kubernetes関連技術およびパブリッククラウド。

Developers Summit 2020 Summer

  • テーマ:デベロッパーが推進するDXと開発プロセスの変革
  • 会期:2020年7月21日(火)10:30-18:05
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 会場:オンライン
  • 主催:株式会社 翔泳社
  • 詳細・申し込みはこちら

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

    CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

バックナンバー

連載:デブサミのみどころ

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5