CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Adobe、IBM、Red Hat、規制の厳しい業界におけるDXを促進する戦略的パートナーシップを締結

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/27 11:00

 米Adobe、米IBM、米Red Hatは、特に規制の厳しい業界のユーザーのデジタル変革の加速とリアルタイムのデータ・セキュリティ強化を支援すべく、3社における戦略的パートナーシップを締結したことを、7月22日に発表した。

 今回締結されたパートナーシップでは、「ハイブリッドクラウドに対応した柔軟性のあるデプロイメント」「Adobe製品を金融サービス基準で提供」「AdobeとIBMのサービス連携」に重点的に取り組む。

 「ハイブリッドクラウドに対応した柔軟性のあるデプロイメント」では、企業のコンテンツとアセットの管理および配信システムを、あらゆるタイプのハイブリッドクラウド環境上で構築できることを目指す。この取り組みには、パブリッククラウドを複数組み合わせたものから、オンプレミスのデータセンターを組み入れた環境までが含まれ、具体的にはAdobe Experience Cloudの一部である「Adobe Experience Manager 6.5」を、Red Hat OpenShift上で認証して提供し、IBMは企業のクラウド環境をそのままに、顧客データの保持、アクセスおよび活用を実現できる。

 「Adobe製品を金融サービス基準で提供」では、IBMの金融サービス対応パブリッククラウドを活用して、Adobe Experience Managerの提供範囲を金融業界向けに拡張することで、企業の担当者がパーソナライズされた顧客体験を提供する際に、最高のセキュリティと規制要件を満たせるように支援する。

 「AdobeとIBMのサービス連携」では、IBM Servicesにおいてビジネスデザインに特化したIBM iXが、サービスメニューを拡張し、Adobeのコアなエンタープライズ・アプリケーションを網羅することによって、Adobe Experience Cloudをはじめ、今後はAdobe Creative Cloud、Adobe Document Cloudのユーザーに対して、より広範囲かつ統合されたサポートを提供していく。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5