SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

著者情報

WINGSプロジェクト 中川幸哉(ナカガワユキヤ)

WINGSプロジェクトについて>
有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。


執筆記事

  • Remixでより高度なWebページを構築しよう──ルートモジュールの設定項目をフル活用する

     RemixはWebページを細やかに設定するためのAPIが豊富に揃っています。今回は、ブラウザに伝えるレスポンスヘッダーを調整する関数や、SEO...

    19528_t.png
    0
  • 豊富なAPIが揃うRemix──ルートモジュールの設定項目を徹底解説!

     RemixはWebページを細やかに設定するためのAPIが豊富に揃っています。前回に引き続き、今回も各ルート(route)に設定できる項目につい...

    19418_t.png
    0
  • Web ComponentsのイベントやスロットをReactで扱う

     前回、Web Componentsで作成したカスタム要素へReactからデータを流し込む形で利用する方法について解説しました。今回は、カスタム...

    19264_t.png
    0
  • Remixのルーティングに関するAPIを徹底解説!~ルートモジュールの設定項目について~

     RemixはReactでシングルページアプリケーションを構築する際に定番のルーティングライブラリである、React Routerを元にして生み...

    19056_t.png
    0
  • Next.js13で追加されたApp RouterとReact Server Components──UI通信の関係を再定義する

     App RouterはReact Server Componentsを最大限活用する形で実装されているため、外部のデータソースに対する送受信の...

    th.png
    6
  • ReactからWeb Components製のコンポーネントを利用してみよう

     Web標準の技術であるWeb Componentsは、ブラウザ上の他の技術体系とも組み合わせることができます。UIの部品化という観点ではWeb...

    18797_t.png
    0
  • React Routerを元に誕生した「Remix」──ルーティングに関するAPIを解説!

     RemixはReactでシングルページアプリケーションを構築する際に定番のルーティングライブラリである、React Routerを元にして生み...

    18573_t.png
    2
  • Next.js 13の新機能「App Router」でコンテンツ部分だけを更新する

     App Routerという仕組みには、Webサイトを快適に制作するためのツールとしての側面があります。その一環として、Nested Route...

    th.png
    5
  • 【Web Components入門】Ionic Frameworkで使えるカスタム要素を学ぼう

     再利用性とカプセル化は、Web Componentsという技術の重要なコンセプトでした。これは言い換えると、どこでも使うことができ、所定のイン...

    th.png
    0
  • Remixで古き良き通信体験を取り戻そう──データ取得とデータ更新について解説

     Remixは気持ちのよい開発体験を目指しつつも、Web標準で十分に良い体験が得られるものについてはWeb標準に寄り添うフレームワークです。本記...

    18232_t.png
    7
  • Next.jsの新常識「App Router」を学ぼう!

     Next.jsは、ルーティングとサーバー処理を高度に協調させるためのフレームワークとして、デファクトスタンダードの地位を確かなものにしています...

    17925_t.png
    44
  • ステートマシンを実装するためのJavaScriptライブラリ「XState」の基本的なAPIを解説

     ステートマシンの概念を活用して状態管理を行う「XState」は、複雑な状態を扱うアプリケーションにとって強い味方となります。前回は実用例につい...

    13226_th_new.jpg
    1

60件中1~12件を表示

戻る

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング