CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

UiPath、ソフトウェアテストを自動化する「UiPath Test Suite」日本語版発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/29 08:00

 UiPathは、ソフトウェアテストの自動化を支援する「UiPath Test Suite」日本語版の販売を、7月27日に開始した。

 「UiPath Test Suite」は、RPA領域におけるソフトウェアテストの設計・管理・実行の効率化で培ったテクノロジーを活かして、RPAだけでなくさまざまなアプリケーションのテストに対応している。

 テストケースの設計・管理ツールである「UiPath Test Manager」、開発ツール「UiPath Studio」にテスト用の検証アクティビティを追加した「UiPath Studio Pro」、管理ツール「UiPath Orchestrator」にテスト用機能を追加した「UiPath Test Orchestrator」、テスト実行用ロボット「UiPath Test Robots」で構成される。

 以下のようなユースケースが想定されている。

  • SAPやSalesforceなど基幹システム向けのテスト利用
  • Webサイト関連のテスト利用
  • メインフレームに関するテスト利用
  • APIを利用したシステムのテスト利用
  • モバイルアプリなどに関するテスト利用
  • CI/CDツール(JenkinsやAzure DevOpsなど)と連携した継続的DevOpsでのテスト利用

 「UiPath Test Suite」は、本番レベルのエンドツーエンドのテスト機能によって、継続的に質の高いテストを実施できるほか、テストをサービス提供におけるライフサイクルの一環として容易に組み入れられる。さらに、実測したテスト結果に基づき、サービスリリースに関する意思決定が可能になり、テスト用に開発した部品はRPAにおける自動化に再利用することもできる。

 RPAを展開しているCoEにとっては、RPAを持続的かつ迅速に社内展開する手段として、「UiPath Test Suite」を利用することが可能で、RPAのメンテナンスコストを削減するとともに、うまく動作しないロボットを事前に検知して、修正できるようになる。また、テスト時の技術的な資材を活用することで、開発の短縮化を図れる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5