CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Ubuntu 20.10」がリリース、Raspberry Piによるデスクトップ環境やマイクロクラウド環境の構築が可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/29 08:00

 英Canonicalは、LinuxディストリビューションUbuntuの最新版「Ubuntu 20.10」を、10月22日(現地時間)にリリースした。

 「Ubuntu 20.10」では、従来のx86、ARMに加えてRaspberry Piをサポートしており、デスクトップ環境には「GNOME 3.38」を採用している。

 さらに、MAAS、LXD、MicroK8s、Cephを組み合わせたマイクロクラウドスタックを導入しており、ミッションクリティカルなワークロード向けに、復元力のあるポケットクラウドを提供する。

 「Ubuntu 20.10」とRaspberry Piによって、MicroK8sによるエッジで可用性の高いワークロードや、LXDのクラスタリングおよび仮想マシン管理機能を使用したホームラボアプライアンスを構築でき、クラウドによる実験、テスト、開発が可能になっている。

 なお、同社はUbuntu Server、Charmed OpenStack、MAASといった、「Ubuntu 20.10」のデータセンター向け新機能を紹介するウェビナーを、11月4日(現地時間)に開催する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5