CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Flutter開発で必要なDart言語の基本を理解しよう

Flutterで始めるモバイルアプリ開発 第4回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/04 11:00

 今回は、Flutterから少々離れてDartの文法について紹介します。筆者はDartを知った時、「JavaScriptとJavaのちょうど中間のような言語」という印象をもちました。また、JavaScriptの代わりによく使われはじめているTypeScriptにも似ていると言えます。一方で、他の言語と多少似ているがゆえに、少々迷ってしまうことや勘違いしてしまうこともあります。そこで、今回からはFlutterプログラミングを行う上で必要となる、Dart言語の基本部分を紹介します。

目次

対象読者

 今回からFlutterの基本について説明します。Dart言語について知っている必要はありませんが、他の言語の基本を知っている方を対象に説明します。特に、JavaScriptやTypeScriptもしくは、Javaなど言語を使ってプログラミングしたことがある方であれば、より理解がしやすくなります。

Dartの基本

 前回、Flutterのサンプルプログラムで示しましたが、まずはプログラムスタイルをなんとなく感じてもらえればと思い、記述しました。しかし、実際自分でコードを記述する時には、読んでなんとなくわかるだけでは不十分です。ここでDartの文法について詳細にお伝えすることは難しいですが、Flutterを使う上でも必要なDartの基本や文法について紹介します。

main関数

 スクリプト言語に慣れていると、ファイルの上から順に実行される形式が普通といった感覚があります。一方、Dartでは、リスト1のようにmainという関数があり、プログラムが実行する際にはこのmain関数が実行されます。Flutterのサンプルコードにもこのmain関数があります。

 main関数からプログラムが始まるのは、C言語やJavaのような言語と同じです。このような慣例を導入したことから、筆者はTypeScriptのような、JavaScriptというスクリプト言語を拡張した流れというよりは、どちらかと言えば、Javaのような言語を最近のJavaScriptの文化に近づけていったように感じます。

[リスト1]main関数の利用例(main.dart)
void main() {
  print("hello");
}

プログラムの実行

 Dartプログラムの場合、dartコマンドを使うことでプログラムの実行が可能です。dartコマンドはFlutterをインストールしてあれば、既にインストールされているので新たにインストールする必要はありません。

 また、dartコマンドはflutterコマンドと同じ場所にあります。PATHを通していない場合には、第2回を参考にしてください。次のリスト2は、先ほどのmainプログラムを実行した結果です。

[リスト2]dartプログラムの実行と実行結果
>dart main.dart
hello

 また、今回紹介する内容であれば、dartをインストールしていなくても、図1のようにサイト上でも実行して確認できます。

図1:サイト上でのdartプログラムの実行
図1:サイト上でのdartプログラムの実行

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 小林 昌弘(コバヤシ マサヒロ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。個人紹介主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしど...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

バックナンバー

連載:Flutterで始めるモバイルアプリ開発

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5