CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

npm互換のJavaScriptパッケージマネージャ「Yarn 3.0」がリリース、Node 10のサポート終了など変更多数

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/05 09:00

 npm互換のJavaScriptパッケージマネージャであるYarnの開発チームは、最新バージョンとなる「Yarn 3.0」を、7月27日(現地時間)にリリースした。

 「Yarn 3.0」では、Node 10のサポートを終了するとともに、プラグインがyupへアクセスできなくなっている。また、enableImmutableInstallsのデフォルトがtrueとなり、環境変数にYARN_ENABLE_IMMUTABLE_INSTALLS=falseを追加することで、ミューテーションを再度利用可能となっている。

 さらに、initVersionおよびinitLicenseコンフィギュレーションオプションが削除され、マニフェスト内のtypeフィールドの設定内容に関わらず、PnPを使用すると.pnp.cjsファイルを生成するようになった。また、仮想フォルダ名が$$virtualから__virtual__に変更され、yarn workspaces foreachのエイリアスフラグである-aが削除され、代わりに-Aまたは--allを使用する必要がある。

 ほかにも、古いPnPify SDKフォルダ(.vscode/pnpify)がクリーンアップされなくなり、yarn installからの--skip-buildsフラグが--mode=skip-buildに変更されるなど、非常に多くの機能追加・改善が行われている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5