CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

GitLabが提唱する、「開発者としてのキャリアを時代遅れにしないためには」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/12 11:00

 本連載では、米GitLabのブログ記事を和訳し、開発者が知っておきたいソフトウェア開発の将来について、全4回でお届けします。前回は、AIによって自動でコードが生成される未来の可能性について語られました。最終回となる今回は、これまで取り上げてきた「開発者の役割の変化」「新興のテクノロジー」「人工知能の明るい兆候(あるいは脅威)」を踏まえ、開発者のキャリアを時代遅れにさせないためにはどうすればよいかが語られます。

目次

はじめに

 「役割の変化」「新興のテクノロジー」「人工知能の明るい兆候(あるいは脅威)」がぶつかり合い、ソフトウェア開発者には次のような重大な疑問が生じています。「どのようにして自分のキャリアを未来につなげるか」

 テクノロジー業界の誰もが変化は迅速かつ期待されて起こることを知っています。ムーアの法則を思い出してみてください。変化が起こると、スキルと潜在的にキャリアへ影響を与える劇的な変化が続いて起こるでしょう。Pluralsightのブログでは、世界経済フォーラムは将来の懸念として「ほぼすべての業種に渡り、テクノロジーと他の変化の影響は従業員が持つスキルセットの寿命を短くしています」と書かれていました。

 それでは将来を渡り歩くにはどのようなスキルがあるといいのでしょうか。十数人のDevOpsプラクティショナー、アナリスト、GitLabエグゼクティブにベストなアドバイスを尋ねました。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:世界の視点で見る、ソフトウェア開発の未来

著者プロフィール

  • Valerie Silverthorne(ヴァレリー・シルバーソーン)

     30年近くライター兼エディターとして活躍。これまでビジネス、貿易、テクノロジー、不動産、ライフスタイルのトレンドを取材し、サンノゼ・マーキュリー・ニュースのビジネス・ライターとして受賞歴があり、フォーブス誌の「30歳以下の30人」のトップ・ジャーナリストにも選出されている。2019年4月にGitL...

  • 伊藤 俊廷(イトウ トシタカ)

     日本のSIerでソフトウェア開発、プロジェクト管理、技術調査、海外勤務等の業務に従事し、自身でも新しい開発ツールの導入、組織の文化醸成の難しさを痛感した。その後、開発経験を活かし、アプリケーションセキュリティベンダーにて、セキュリティテストのソリューションを戦略顧客に導入する任務を担った。現在は、...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5