CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Ubuntu 14.04 LTS/16.04 LTSのライフサイクルが合計で10年に延長

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/24 08:00

 英Canonicalは、Ubuntu 14.04 LTS「Trusty Tahr」と、Ubuntu 16.04 LTS「Xenial Xerus」のライフサイクルを、計10年に延長することを9月21日(現地時間)に発表した。

 今回発表されたライフサイクルの延長によって、Ubuntuを利用する組織はアップグレード計画の検討期間に余裕が生まれ、インフラストラクチャのアップグレードコストのバランスを取れるようになる。

 また、Ubuntu 14.04 LTSとUbuntu 16.04 LTSの長期にわたるExtended Security Maintenance(ESM)フェイズによって、Canonicalが提供するセキュリティ更新プログラムとカーネルライブパッチを使用した、安全でメンテナンスの少ないインフラストラクチャを実現できる。

 Ubuntu 14.04 LTSのEOL(END OF LIFE)は2024年4月、Ubuntu 16.04 LTSのEOLは2026年4月となる。なお、Ubuntu 18.04のEOLは2028年4月、Ubuntu 20.04のEOLは2030年4月と、こちらに変更はない。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5