CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、Visual Studio Code向けJava機能の2021年を総括、2022年のロードマップ紹介も

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/01/24 10:00

 米Microsoftは、1月20日(現地時間)付の公式ブログ投稿にて、Visual Studio CodeのJava関連機能における2021年のおもなアップデート内容を振り返るとともに、2022年のロードマップを紹介している。

 2021年には、Visual Studio CodeにおいてJavaをサポートする「Language Support for Java」のバージョン1.0がリリースされ、Java 17のサポート、より簡単な型階層ルックアップ、ソースルックアップ、Gradle Kotlinのサポートなどが追加された。また、コード補完の平均応答時間が60%短縮されている。

 ほかにも、Gradleのサポート、さまざまなユーザーエクスペリエンスの改善、GitHub CodespacesにおけるSpringのサポートなどが行われた。

 2022年には、コード補完のさらなる精度向上やデバッグエクスペリエンスの向上など基本的な開発エクスペリエンスの向上、パフォーマンスおよび信頼性の向上、Gradle拡張機能への新機能の追加およびMaven拡張機能の改善、Spring Bootのエンドツーエンドでのサポート、クラウドネイティブ開発への対応などに注力していくという。

 そのほか、Visual Studio Codeにおけるプラットフォーム固有の拡張機能サポートによって、Java拡張機能にJREが組み込まれたため、拡張機能を利用するために別途JDKを構成する必要がなくなったことや、Javaフォーマッタの設定方法も紹介されている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5