CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

macOS向けのLaravel開発環境「Laravel Valet 3」がリリース。サイトごとにPHPバージョンが指定可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/04/05 09:00

 WebアプリケーションフレームワークであるLaravelの開発チームは、macOS向けのLaravel開発環境Laravel Valetの最新メジャーバージョンとなる「Laravel Valet 3」を、3月30日(現地時間)にリリースした。

 「Laravel Valet 3」では、複数のバージョンのPHPを並行して実行可能になっている。

 従来は、使用するPHPのバージョンを「valet use php@7.2」で指定していたが、最新バージョンではサイトごとにバージョンを指定できる。

 あわせて、macOS用PHP Monitorの作者から、「Laravel Valet 3」に対応した「PHP Monitor 5.2」もリリースされた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5