CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ゲーム体験を左右するUIをコンセプト策定から実装テクニックまで解説、『実践ゲームUIデザイン』発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/06/23 07:00

 ゲームはUIの良し悪しがプレイヤーの体験に大きく影響します。そのため直感的なわかりやすさや快適さが非常に重視され、ゲーム業界では様々なノウハウが蓄積されています。そんなゲームUIの基本を業界最前線のゲームクリエイターである太田垣沙也子さんが解説した『実践ゲームUIデザイン』が、6月22日(水)にCodeZineを運営する翔泳社から発売となりました。

 『実践ゲームUIデザイン コンセプト策定から実装のコツまで』は、バンダイナムコオンラインでリードUIデザイナーとして活躍する太田垣沙也子さんが、これまで培ってきたゲームUIの実装ノウハウを解説した入門書です。

 ゲームはUIが非常に重要ですが、ジャンルやターゲットによって開発の方向性が異なり、またワークフローが体系化されていない場合も少なくありません。手探り状態でUIをデザインしている現場もまだまだ多く、優れたUIの土台となる知識を学べば大きな強みになります。

 本書ではUIをデザインするうえでまず必要なコンセプトの作成から、プロトタイピング、ビジュアルデザイン、さらにゲームに実装するテクニックまで一連の流れに沿って解説。ゲームUIのいろはをしっかり習得したい方におすすめです。

 もちろん、使いやすいUIはゲームだけでなくあらゆるソフトウェアにも欠かせません。ゲーム業界が磨いてきたUIデザインの手法を学ぶ機会として、ぜひ本書を活用してみてください。

目次

Chapter1 はじめに
Chapter2 コンセプト
Chapter3 プロトタイピング
Chapter4 デザイン
Chapter5 実装
Chapter6 レベルアップ
Chapter7 おわりに

実践ゲームUIデザイン

Amazon  SEshop  その他


実践ゲームUIデザイン
コンセプト策定から実装のコツまで

著者:太田垣沙也子
発売日:2022年6月22日(水)
定価:2,860円(本体2,600円+税10%)

本書について

ゲームUIのコンセプト策定からプロトタイプの作成、実際のデザイン手法、実装時のコツ、業務としてUIデザインを行う際のテクニックなど、著者がこれまで蓄積した現場のノウハウを、開発の工程ごとにまとめた書籍です。

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5