CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IDC Japanが国内クラウド市場予測を発表、市場規模は前年比34.7%増の4兆2018億円

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/06/22 10:00

 IDC Japanは、国内クラウド市場予測を6月14日に発表した。2021年の国内クラウド市場規模は前年比34.7%増の4兆2018億円となり、2021年~2026年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は21.1%で推移、2026年の市場規模は2021年比約2.6倍の10兆9381億円と予測している。

国内クラウド市場 用途別 売上額予測、2021年~2026年
国内クラウド市場 用途別 売上額予測、2021年~2026年

 同社によれば、国内クラウド市場は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で成長がやや鈍化した2020年から大きく回復しており、パブリッククラウドが2021年の国内クラウド市場の成長を牽引したという。

 前回の予測時点(2021年5月)の想定を大きく上回る成長を遂げており、その要因としてはクラウドを優先的に検討するクラウドファースト戦略の企業への浸透とともに、従来型ITからクラウドへの移行(クラウドマイグレーション)に関わるプロジェクト期間の短縮とサービスベンダーのケイパビリティ強化(要員数の増加、オファリングの拡充、など)が挙げられる。

 国内市場では、デジタルトランスフォーメーション(DX)/データ駆動型ビジネスに対する関心が非常に高く、企業の投資意欲が高まっており、2021年は「DX/データ駆動型ビジネス」に関わる投資が大幅に増加して1兆円を超える市場規模となった。

 同社は今後、ベンダーがエコシステムを強化し、企業にとってクラウド活用の「シンプル化」を図ることが重要としており、近年DX/データ駆動型ビジネスを実現するために、システム/アプリケーション開発の内製化がユーザー企業の重要な関心事となっていることを受けて、同社のITサービスのリサーチディレクターである松本聡氏は、

「ベンダーはエコシステムを強化してシンプル化とともに、ユースケースや産業ソリューションと紐づけて内製化支援をオファリングとして整備することが重要である」

と述べている。

 国内クラウド市場予測の詳細については、同社が発行した「国内クラウド市場予測、2022年~2026年」にて報告されており、同レポートでは国内クラウド市場の概況や動向の分析、配備モデル/セグメント別および用途別の2022年~2026年までの市場予測を掲載する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5