CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Expression WebでASP.NETと連携するWebフォームを作ってみよう

Expression WebにおけるASP.NETコントロールの利用

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/11/08 14:00
目次

ASPXファイルとして保存

 ASP.NETと連携したWebフォームを作る前に、WebページをASPXファイルとして保存する必要があります。

  1. [ファイル]-[名前を付けて保存]をクリックします。
     
  2. [名前を付けて保存]ダイアログボックスの[ファイルの種類]を[ASPXファイル]にします。
  3. ページタイトル(<title>タグ内の要素)を変更する場合は、[タイトルの変更]ボタンをクリックします。
    ページタイトルの[タイトルの変更]ボタンをクリック
    ページタイトルの[タイトルの変更]ボタンをクリック
  4. [ページタイトルの変更]ダイアログボックスにて、ページタイトルを変更し、[OK]ボタンをクリックします。
     
  5. [ページタイトル]が変更されたことを確認し、ファイル名を指定して、[保存]ボタンをクリックします。
    [ファイル名]ボックスにファイル名を入力して、[保存]ボタンをクリック
    [ファイル名]ボックスにファイル名を入力して、[保存]ボタンをクリック
  6. ASPXファイルとして保存されました。
    ASPXファイルとして保存した後の画面
    ASPXファイルとして保存した後の画面
マスターページとダイナミックWebテンプレートの違い
 通常、ASP.NETがメインのWebサイトの場合、マスターページを利用することによってすべてのWebページのデザインを統一することができます。一方、ダイナミックWebテンプレートは、HTML形式のWebページがメインのWebサイトにおいて、個々のWebページのデザインを統一するために利用します。
Expression Webにおいても、マスターページの利用(マスターページの作成やマスターページからASPXファイルの新規作成など)が可能です。
 

Webユーザーコントロールの作成

 Expression Webでは、Webユーザーコントロール(ASCXファイル)を作成できます。プログラミング言語の指定は新規作成時に行います。ここでは、既定のプログラミング言語「C#」でWebユーザーコントロールを作成します。

  1. [ファイル]-[新規作成]-[ページ]を選択します。
  2. [新規作成]ダイアログボックスの[ページ]タブが開かれるので、左側のカテゴリから「ASP.NET」を選択します。
  3. 一覧から「Web ユーザーコントロール」を選択します。プログラミング言語を指定して(ここでは「C#」のままにします)、[OK]ボタンをクリックします。
    [ページ]タブ内の[ASP.NET]カテゴリから「Webユーザーコントロール」を選択
    [ページ]タブ内の[ASP.NET]カテゴリから「Webユーザーコントロール」を選択
  4. Webユーザーコントロール(ASCXファイル)が新規作成されました。
    ASPXファイル(Untitled_1.ascx)が生成された後の画面
    ASPXファイル(Untitled_1.ascx)が生成された後の画面
新規作成された未保存のASCXファイル「Untitled_1.ascx」のコード
<%@ Control Language="C#" ClassName="WebUserControl1" %>

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Expression Webチュートリアル

著者プロフィール

  • 小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

    Microsoft MVP for Expression Web MSソフトの解説書やWeb記事を執筆するテクニカルライター。Expression Webの前身となるFrontPageは2000バージョンから使用しはじめ、個人サイト(www.wanichan.com) においてFrontPageや...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5