CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Expression WebでASP.NETと連携するWebフォームを作ってみよう

Expression WebにおけるASP.NETコントロールの利用

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/11/08 14:00
目次

ASP.NETコントロールの挿入

 先ほど作成したWebユーザーコントロールにASP.NETコントロールを挿入し、Webフォームを作成します。ここでは、「名前」「E-mailアドレス」および「お問い合わせ内容」フォームフィールドを作成します。

  1. 一つの段落ごとに「名前」「E-mailアドレス」「お問い合わせ」を入力します。「名前」と入力し、[Enter]キーを押して改行し、同様に「E-mailアドレス」「お問い合わせ」を1行ずつ入力しておきます。
  2. 続いて、名前のフィールドを挿入します。「名前」の末尾にカーソルを移動して、段落内改行タグ<br />を挿入するために[Shift]+[Enter]キーを押し、テキストボックスを挿入します。ツールボックス作業ウィンドウのASP.NETコントロールカテゴリの中から「Textbox」をダブルクリックします。
    ツールボックス作業ウィンドウのASP.NETコントロールカテゴリから「TextBox」をダブルクリック
    ツールボックス作業ウィンドウのASP.NETコントロールカテゴリから「TextBox」をダブルクリック
  3. テキストボックスが挿入されたら、タグのプロパティ作業ウィンドウで、IDを「name」に変更します。
     
  4. 同様に、E-mailアドレスにもテキストボックスを挿入し、IDに「email」を設定します。
  5. E-mailアドレスを入力しやすいように、Widthを指定します。
     
  6. メッセージにも同様にテキストボックスを挿入し、タグのプロパティ作業ウィンドウを使って、IDに「message」、Heightに「200px」、Widthに「300px」を指定します。
     
  7. TextModeを「MultiLine」に変更すると、スクロールバーが表示されます。
     
  8. メッセージ入力欄の後に、[Button]をダブルクリックしてボタンを挿入します。
     
  9. ボタンのIDに「Submit」を指定し、Textを「送信」にします。
     
  10. 最後に、[ファイル]-[名前を付けて保存]をクリックし、ASCXファイルを保存します。
     

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Expression Webチュートリアル

著者プロフィール

  • 小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

    Microsoft MVP for Expression Web MSソフトの解説書やWeb記事を執筆するテクニカルライター。Expression Webの前身となるFrontPageは2000バージョンから使用しはじめ、個人サイト(www.wanichan.com) においてFrontPageや...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5