SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

IDC、国内のコラボレーティブワークスペース市場予測を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは、国内コラボレーティブワークスペース市場予測を5月14日に発表した。

 同社では、コラボレーティブワークスペースを「コラボレーティブアプリケーション」と「コンテンツワークフロー/管理アプリケーション」の一部を結合した市場として定義している。主に従業員、ビジネスパートナー、顧客のコラボレーション手段の提供と、コラボレーションのためのコンテンツを管理、共有するITシステム。

 同社の発表によれば、2023年の国内におけるコラボレーティブワークスペース市場は、成長率が前年比で8.7%、市場規模(売上額ベース)は3818億3000万円となっている。

 2023年の同市場は、過去数年において国内企業で急速に浸透した会議/バーチャルイベントアプリケーション市場の成長が調整局面に入った一方、構成比が大きいコンテンツサービスアプリケーションの高成長が継続した。さらに、共同ワークスペースにおけるコラボレーション/タスク管理ツール、従業員エンゲージメント向上のための双方向の情報発信機能、デジタルアダプションツールといったワークスペース高度化に関する新たな機能需要が同市場の成長を促進し、好調に推移している。

 2024年以降の国内におけるコラボレーティブワークスペース市場についてIDC Japanは、生成AI機能の活用をともなうアプリケーションの刷新需要と、その活用効果を最大化するための非構造化データ活用への要求拡大、労働人口減少にともなうデジタル化/生産性向上に関する継続的な課題から、好調に成長すると予測する。国内コラボレーティブワークスペース市場は2023年〜2028年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)6.3%で推移し、2028年には5170億5400万円に達すると予測している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/19513 2024/05/16 10:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング