CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

.NETアプリのリボンインターフェースにUndo・Redo・ズーム機能を組み込む

PowerTools Ribbon for .NETのC1Ribbonコンポーネントを使ってアプリケーションにリボンを実装する-その2

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/01/21 14:00
目次

クイックアクセスツールバーを組み込む

 クイックアクセスツールバーとは、リボンのアプリケーションメニューの横に組み込まれる小さなボタンのことをいいます。ここにボタンを設定しておくと、リボンがどのタブになっていても、いつでもこのボタンに組み込んだ機能を呼び出して使用することができます。

 このツールバーにボタンを組み込むには、一度リボンのタブにボタンを組み込み、これをクイックアクセスツールバーにも組み込む、という方法をとります。ここでは、RichTextBoxコントロールが持っているUndo・Redo機能をボタンから実行できるようにします。

ボタンの追加

 まず、前回の記事『.NETでOffice 2007と同じ「リボンインターフェース」を持ったエディタを作る』で紹介した方法で、リボンの「編集」タブに2つのボタンを組み込みます。

グループをクリックしボタンを追加する
グループをクリックしボタンを追加する

 ボタンの画像は、C1Ribbonコンポーネントが持っているリストから選び、テキストを「Undo」「Redo」に変えます。なお、画像は大小ともに同じものを設定してください。クイックアクセスツールバーには、小さいほうの画像が使用されます。

 また、2つのボタンのNameプロパティを「ribbonButtonUndo」「ribbonButtonRedo」に変更します。

大画像・小画像それぞれリストから選んで設定する
大画像・小画像それぞれリストから選んで設定する

 そして、組み込んだボタンをクリックし、「+QAT」というボタンを押します。これで、このボタンがクイックアクセスツールバーに配置されます(逆に、クイックアクセスツールバーから外したい場合は、「-QAT」ボタンを押します)。

「+QAT」ボタンを押す
「+QAT」ボタンを押す

 リボンに配置した「Undo」「Redo」ボタンのClickイベントハンドラに、RichTextBoxコントロールのUndo・Redoメソッドを実行するコードを作成して出来上がりです。

Visual Basic
Private Sub RibbonButtonUndo_Click(ByVal sender As System.Object, _
  ByVal e As System.EventArgs) Handles RibbonButtonUndo.Click
    Me.RichTextBox1.Undo()
End Sub

Private Sub RibbonButtonRedo_Click(ByVal sender As System.Object, _
  ByVal e As System.EventArgs) Handles RibbonButtonRedo.Click
    Me.RichTextBox1.Redo()
End Sub
C#
private void ribbonButtonUndo_Click(object sender, EventArgs e)
{
    this.richTextBox1.Undo();
}

private void ribbonButtonRedo_Click(object sender, EventArgs e)
{
    this.richTextBox1.Redo();
}

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5