Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

とことん理解する .NET Framework 3.5

Visual Studio 2008 徹底入門(3)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Visual Studio 2008と同時に.NET Framework 3.5がリリースされました。この.NET Framework 3.5に搭載されている新機能や.NET Framework 2.0、3.0からの変更点の内容を解説します。.NET Framework 3.5の機能を知ることでVisual Studio 2008の新機能や機能強化がなぜ施されているかを理解することが目標です。

目次

はじめに

 2007年12月にVisual Studioの最新バージョンであるVisual Studio 2008(以下、VS2008)がリリースされました。これと同時に.NET Frameworkの最新バージョンである.NET Framework 3.5(以下、.NET 3.5)がリリースされました。VS2008の新機能は見た目の変化や生産性の向上に分かりやすく直結する部分などが多く、大きな注目を集めていますが、.NET 3.5にもさまざまな機能強化や新機能の追加がされています。そこでVisual Studio 2008入門の第3回となる本稿では、.NET 3.5の機能強化、新機能に注目し解説していきます。

これまでの記事

対象読者

  • Visual Studio 2008に興味がある方
  • .NET Framework 3.5に興味がある方

必要な環境と準備

 Visual Studio 2008 入門シリーズの新しい統合開発環境 Visual Studio 2008ってなんだ!?の必要な環境と準備を参考にしてください。

.NET 3.5全体像

 .NET 3.5は.NET 2.0および.NET 3.0に機能追加する形で構成されています。次の図1はそのイメージを表したものです。

図1:.NET Framework 3.5全体像
図1:.NET Framework 3.5全体像

 図1に示すように.NET 2.0の共通言語ランタイム(CLR)やベースクラスライブラリ(BCL)などのテクノロジーは.NET 3.5でも同じように利用できます。また、.NET 3.0で追加されたWPFなどの新しい4つのテクノロジーもそのまま利用できます。.NET 3.5は.NET 2.0と.NET 3.0にあるこれらのさまざまな機能を機能強化し、更にASP.NET AJAXやLINQ、言語の新機能の追加といったバージョンであると考えればよいでしょう。

 本シリーズでは、.NET 3.5で機能強化された点や新機能について扱っていきます。本稿では、ベースクラスライブラリやWindows Forms、言語機能の機能強化ポイント、および.NET 3.5の目玉でもあるLINQ(Language Integrated Query:統合言語クエリ)について紹介します。

 なお、以下の内容については別記事で解説します。

  • ASP.NET AJAX
  • Windows Presentation Foundation
  • Windows Communication Foundation
  • Windows Workflow Foundation

過去の.NET Frameworkとの関係

 図1にも示しましたが、.NET 3.5は.NET 2.0/3.0を拡張するような形で構成されています。このため、.NET 2.0でコンパイルされたアプリケーションは基本的には.NET 3.5上でも問題なく動作します。ただし、ランタイムバージョンには以下の図2に示すような関係があります(mscorlib.dllやSystem.dllなどほとんどのBCLも同様です)。

図2:.NET Frameworkとランタイムの対応
図2:.NET Frameworkとランタイムの対応

 このように.NET 2.0/3.0と.NET 3.5ではビルド番号(「メジャーバージョン.マイナーバージョン.リビジョン.ビルド」と表現する場合)に違いがあります。また、より正確には.NET 3.5は.NET 2.0/3.0を土台にしているのではなく、.NET 2.0 SP1/3.0 SP1を土台にしています。このため、よく言われる「.NET Framework 2.0でコンパイルされたアプリケーションは.NET Framework 3.5上でも動作する」は概ね正解ですが、完全ではないというところに注意が必要です。

.NET Framework 2.0のService Pack 1
 .NET 2.0でコンパイルしたアプリケーションを.NET 3.5上で動かす場合だけではなく、.NET 2.0にSP1を適用した場合も同じように注意が必要です。また.NET 2.0 SP1でコンパイルされたアプリケーションは、.NET 2.0で作られたアプリケーションよりも.NET 3.5で完全動作する可能性がより高いとも言えます。なお、Service Pack適用で修正される内容の一覧は、.NET Framework 2.0 Service Pack 1 で修正される問題および.NET Framework 3.0 Service Pack 1 で修正される問題で確認できます。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2008/04/09 16:23 P3.ラムダ式 戻り値の型指定ができない点について訂正して追記

  • 2008/03/17 17:13 ソース「拡張メソッドの定義(C#)」のtypo修正:target => source

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト りばてぃ/FUJIKO/ナオキ(リバティ, フジコ, ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Visual Studio 2008徹底入門

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5