Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

BSDの国際会議「AsiaBSDCon 2008」のプログラム発表、Marshall Kirk McKusick氏が講演予定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/02/28 16:50

昨日、3月27日から30日にかけて開催される、BSDに関する国際会議「AsiaBSDCon 2008」のプログラムが発表された。今年は、FreeBSD 7で取り込まれた新機能の発表、2日間にわたったMarshall Kirk McKusick氏の講演などが予定されている。

 3月27日から30日までの4日間、東京理科大学森戸記念館(飯田橋)にて、BSDベースのシステム利用者/開発者のための国際会議「AsiaBSDCon 2008」が開催される。昨日、同イベントのプログラムが発表された。27日、28日はチュートリアル、29日/30日は論文発表/基調講演/バンケットとなっている。

 チュートリアルではMarshall Kirk McKusick氏の講演を予定。昨年のAsiaBSDCon 2007では1日に詰め込まれた講演となったが、今回は2日間に渡っての講演が予定されている。同氏の講演を日本で聴講できる貴重な機会であり、FreeBSDデベロッパやアドバンストユーザのみならず、Linuxデベロッパやアドバンストユーザにもお薦めする。

 参加登録の開始は3月初旬を予定。参加費用は3月16日までのオンラインレジストレーションで 12,000円、3月17日から当日受付が15,000円、学生は期間によらず3,500円となっている。また、チュートリアルは全日で10,000円/講座(学生は 3,000円)、半日で6,000円/講座(学生は1,500円)の追加費用が必要。

 参加登録費には名札、予稿集、記念Tシャツ、昼食・バンケット(後半2日間)のチケットが含まれている。なお、前半2日間のみの参加でも、参加登録が必要になるので注意して欲しい。

 AsiaBSDCon 2008はFreeBSD 7が登場してから初のカンファレンス。FreeBSD 7で取り込まれた新機能の発表など、FreeBSD 7の活用を図るうえでも有益なカンファレンスと言える。ぜひ奮って参加されたい。

担当: AsiaBSDCon 2008運営委員会広報委員会委員 後藤大地
翔泳社は「AsiaBSDCon 2008」のメディアスポンサーです。

 
【関連リンク】
AsiaBSDCon 2008

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5