Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Visual C++ 2008 Feature Pack: MFCの強化

生まれ変わったMFCアプリケーションの長所を手っ取り早く知る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/06/02 14:00

Visual C++ 2008 Feature Packにより、MFCはかつてなく高いレベルに到達し、最新バージョンのMicrosoft Officeに近い外観のアプリケーションをすばやく容易に開発できるようになりました。本稿では、MFCの進化についてその概要を解説します。

目次

はじめに

 昨年Microsoftが約束したように、今度の新しいVisual C++では、ネイティブコードによる開発と、ネイティブとマネージドの世界を融合するコードの部分に重点が置かれています。

 すべての機能をC#やVisual Basic.NETなどのマネージドオンリー言語と同等に維持しても、それではVisual C++の製品としての意味がありません。マネージド機能との同等性を重視すればするほど、Visual C++という製品の本来の領域、つまりネイティブコーディングおよび相互運用コーディングからは遠くなっていきます。

 Visual C++ 2008は、Microsoftのネイティブコードへの新たな取り組みを大きく反映し、この10年で初めて、MFCを刷新してWindowsコモンコントロールライブラリをフルサポートします。単にWindowsをカバーするだけでなく、Visual C++チームはVisual C++ 2008 Feature Packもリリースし、Visual StudioおよびMicrosoft Office風ユーザーインターフェイスを持つアプリケーション開発のサポートを組み込んでいます(現在、このFeature PackはBeta版であり、ここからダウンロードできます)。このMSDN Webサイトの記事で説明されているように、MFCの更新は、MicrosoftのVisual C++チームとパートナー関係にある外部企業(BCGSoft社)が行いました。

編集部注
 バージョンは執筆当時。現在は正式版がリリースされています。

 Visual C++ 2008 Feature Pack Beta版をインストールするときは注意が必要です。インストーラにバグがあり、Visual Studio 2008の完全インストールを選択しないとインストールが終了します。また、Visual C++/Visual Studioがインストールされているオリジナルメディアを利用することもできません。このような問題を最も簡単に解決するには、ディスクドライブにVisual Studio 2008 DVDをセットするか、Visual Studioをインストールした元の場所へのネットワークアクセスが可能であることを確認します。

 Feature Pack(ダウンロードサイズは303MB)にはドキュメントが含まれていません。そのため、新しい機能について説明する2つのCHMファイルをMSDNから別途ダウンロードする必要があります(ダウンロードサイズは3MB)。

編集部注
 上記ダウンロードページは現在閉鎖されています。

 このFeature Packは、明確な2つの機能領域に分かれており、MFCの更新とTR1機能があります。TR1は、C++言語に一時的に追加される機能で、C++0xリリースでC++の新機能として正式に採用されるかどうかは未定です(なお、0xは今後10年のうちに新しい規格が採用される可能性を示すものです)。TR1の詳細については、このMSDNブログの投稿記事に記載されており、今後の記事でもさらに詳しく取り上げられる予定です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Nick Wienholt(Nick Wienholt)

    シドニーに拠点を置く独立系Windowsおよび.NETコンサルタント。著書に『Maximizing .NET Performance』、共著に『A Programmers Introduction to C# 2.0』(いずれもApress刊)。システムレベルソフトウェアアーキテクチャおよび開発を専...

  • japan.internet.com(ジャパンインターネットコム)

    japan.internet.com は、1999年9月にオープンした、日本初のネットビジネス専門ニュースサイト。月間2億以上のページビューを誇る米国 Jupitermedia Corporation (Nasdaq: JUPM) のニュースサイト internet.com や EarthWeb.c...

バックナンバー

連載:japan.internet.com翻訳記事

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5