SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

ハードウェアとソフトウェアの両方式に対応したDRM製品「Aladdin HASP SRM v3.10」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社アラジンジャパンは12日、ハードウェア方式とソフトウェア方式の2種類に対応したDRM(デジタル著作権官管理)製品の最新版「Aladdin HASP SRM v3.10」を発売開始した。

 株式会社アラジンジャパンは12日、DRM(デジタル著作権管理)製品の最新版「Aladdin HASP SRM v3.10」を発売開始した。ソフトウェアの違法コピーや不正使用を防止して売上増加に結びつけたり、リバースエンジニアリングを防いで、知的財産を保護したりする効果がある。

 HASP SRMではソフトウェアとハードウェアを組み合わせたDRM機能を提供しており、ソフトウェアベンダは、まずソフトウェアにプロテクトを施したバイナリファイルを用意する。次にプロダクトマネージャで、HASP SRMプロテクションキーにライセンス形態や配布方法を定義すると、エンドユーザがソフトウェアを入手しインストールした後は、HASP SRMプロテクションキーが無いと起動できなくなる仕組み。HASP SRMプロテクションキーは、USB形式のハードウェアタイプ(HASP HLキー)と、インターネット経由でサーバ認証を行うタイプ(HASP SLキー)の2種類がある。

 今回新機能として、リモートアクセスやボリュームライセンス向けの「Detachableライセンス」のサポートや、Mac OSのサポートなどが追加された。価格は4,900円から。

 
【関連リンク】
ハードウェアベースのソフトウェア・プロテクションシステムHASP

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/2593 2008/05/30 13:01

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング