CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows、Macに続き、「Adobe AIR 1.5 Linux版」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/12/19 16:39

Adobeは19日、Linux版「Adobe AIR 1.5」をリリースした。

 Adobeは19日、デスクトップランタイム環境AIRのLinux版、「Adobe AIR 1.5」をリリースしたと発表した。同社のWebサイトより無償でダウンロードできる。

 これまでAIRはWindows版、Mac版が提供されていたが、今回Linux版がリリースされたことで、開発者が追加作業を行うことなく、同一アプリケーションをLinux上で動作させることが可能になった。ただし、タスクトレイなどOSに依存した環境を利用した機能については、OSに応じた処理が必要になる場合がある。

 今回のリリースについて、Ubuntuプロジェクトの創設者であるマークシャトルワース氏は、「ブラウザ以外でアプリケーションを開発する場合、開発期間とコストを抑えるため、これまでは OSの選択を余儀なくされてきました。Adobe AIR 1.5の登場により、企業と開発者は単一のコードベースを使用し、3つの主要 OSに対応することができます。これによって、アプリケーション開発サイクルは一変し、LinuxはMacintoshやWindowsと同じ位置に立つことができます」と述べている。

 Adobe AIR 1.5 Linux版は、Fedora Core 8、Ubuntu 7.10以降、openSUSE 10.3に対応している。

 【関連リンク】
Adobe - Adobe AIR
アドビ システムズ社、Adobe AIR 1.5 Linux版を提供開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5