CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

CodeZineの2008年12月ブラウザシェア発表
Chrome正式版公開とFirefox 2サポート終了の影響は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/12/26 09:00

 12月のCodeZine読者のWebブラウザシェアを調べてみました。

 12月のCodeZine読者のWebブラウザシェアを調べてみました。結果は次のとおりです。

CodeZine 2008年12月Webブラウザシェア
順位 ブラウザ シェア
1位 Firefox 3 33.4%
2位 Internet Explorer 6 27.9%
3位 Internet Explorer 7 24.7%
4位 Google Chrome 4.1%
5位 Opera 9.x 3.1%
6位 Firefox 2 2.8%
7位 Safari 3 2.2%
8位 Internet Explorer 8 0.4%
9位 Firefox 1.5.x 0.3%
10位 Internet Explorer 5.5 0.1%

 今月正式版がリリースされた注目のChromeはポイントを伸ばし、発表された9月時点でのシェア(3.9%)を超えました。一方、今月最後のアップデートが行われたFirefox 2系列はポイントを下げ、Operaと順位が入れ替わりました。なお、「Phishing Protection」サービスが今後利用できなくなるため、MozillaではFirefox 3へのアップグレードを推奨しています(関連記事:Mozilla、「Firefox 3.0.5」と「Firefox 2.0.0.19」をリリース、Firefox 2系列へのサポート終了)。Firefox 2を利用している方はご注意ください。

 そんな去り行くFirefox 2を尻目に、CodeZine内ではFirefox 3のシェアが遂に3分の1に達しようとしています。IEは6、7ともにポイントを落としながら緩やかに世代交代が進んでいるようです。ちなみに、Firefox 3リリース直前の5月時点でのブラウザシェアを調べてみたところ、Firefox 2のシェアは24.3%、Firefox 3ベータ版のシェアが2.6%という結果がでました。Firefoxは急速に世代交代が進んだことが伺えます。

 
【関連記事】
CodeZineの2008年11月ブラウザシェア発表、Firefox 3が遂にシェアNo.1へ
CodeZineの2008年10月ブラウザシェア発表、Firefox 3トップに迫る勢い!
CodeZineの2008年9月ブラウザシェア発表 Google Chromeのシェアは約4%!
ブラウザシェア、MONEYZineの場合:編集部ブログ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5