Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

エンバカデロ、旧CodeGear系ツールもオンデマンドで利用できるメンバーシップ
「Embarcadero All-Access」を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/02/20 10:35

 米エンバカデロ・テクノロジーズは18日、ソフトウェア開発ソリューションのメンバーシッププログラム「Embarcadero All-Access」を発表した。All-Accessメンバーシップを導入すると、エンバカデロが提供する開発ツールパッケージに、オンデマンドでアクセスすることができる。

 米エンバカデロ・テクノロジーズは18日、ソフトウェア開発ソリューションのメンバーシッププログラム「Embarcadero All-Access」を発表した。All-Accessメンバーシップを導入すると、エンバカデロが提供する開発ツールパッケージに、オンデマンドでアクセスすることができる。

 旧ボーランド開発ツール部門CodeGearを昨年エンバカデロが買収したことから、以下のようなアプリケーション開発者、データベース開発者、アーキテクト向けのツール群が提供される。

  • RAD(Rapid Application Development)アプリケーション開発
  • Delphi、JBuilder、C++Builder

  • ウェブ開発
  • 3rdRail、Delphi for PHP

  • データベース設計・開発ツール
  • ER/Studio、Rapid SQL、DBArtisanなど

  • データベース管理ツール
  • Change Manager、Performance Center

 こうしたツールを、インストール操作を行うことなくオンデマンドで「ワンクリック起動」できる「InstantOn」機能も導入されている。 InstantOn機能は、多くのAll-Access製品で使用でき、2009年第2四半期までにすべてのAll-Access製品で使用可能にするとしている。

 All-Accessには4段階のアクセスレベル(Bronze、Silver、Gold、Platinum)が用意されており、上位レベルではより多くの製品や機能を利用できる。また、どのレベルでも、初年度コストには製品ライセンスに加え、1年間のサポート、メンテナンス、アップグレード、今後提供される新製品、エンバカデロ・デベロッパーネットワーク上のプレミアムコンテンツへのアクセス権が含まれる。

 さらに、チームや組織の規模に合わせて、次の3つのライセンスオプションが用意されている。

  • ワークステーション
  • 特定のユーザーが1台のワークステーションで利用できる

  • ネットワーク指名ユーザー(Network Named User)
  • 特定のユーザーが複数のワークステーションにツールをインストールして利用できる

  • ネットワークコンカレント
  • 組織内の複数のユーザー間でライセンスを共有できる

 日本での展開については、2009年3月4日に詳細の発表を予定している。

All-Accessの対応プラットフォームおよび言語:

 Oracle、IBM DB2、Sybase、Microsoft SQL Server、InterBase、MySQL、Java、Microsoft .NET、VCL、Rails、Windows、Linux、Mac OS、SQL、UML、XML、HTML、C++、Delphi、PHP、Ruby

 
【関連リンク】
All-Access - Embarcadero Technologies 
プレスリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5