Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

C#で学ぶインターネット時代のシリアル通信(後編)

C#によるシリアル通信を使ったより実践的なアプリケーション作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前編に引き続き、C#を使ったシリアル通信について紹介していきます。前編でシリアル通信の基礎を理解して貰ったと思いますので、後編ではより実践的なサンプルアプリケーションを作成してみましょう。

目次

はじめに

 前編に引き続き、C#を使ったシリアル通信について紹介していきます。前編でシリアル通信の基礎を理解して貰ったと思いますので、後編ではより実践的なサンプルアプリケーションを作成してみましょう。

対象読者

 「パソコンでプログラムを組んで見たい」と勉強を始めたばかりの方で、パソコン間の通信に興味を持たれている方。できればC#のプログラムを作成できる方を対象に考えています。

必要な環境

 サンプルソースはVS2008で確認しています。

通信を体験してみよう

 今回は、シリアル通信の例として、抽選会ソフトをC#で作成しました。テストは送信側はWindows XP、受信側はWindows Vistaで行っています。

 テスト用のパソコンにはシリアルのコネクターが付いていて、市販のRS232Cケーブルを使い、通信テストを行いました。

抽選会ソフトの概要

 2台のパソコンに、それぞれ「抽選用ソフト」と「当選発表用ソフト」を入れます。

 どちらも同時に立ち上げておきます。当選発表用のソフトは「受付中」を表示します。

 抽選する人に抽選用画面の抽選ボタンを押してもらうと、抽選用パソコンでは抽選の箱が回りまじめます。その間当選発表用画面では「抽選中」画像が表示されます。数秒後に当選画面で当選内容の表示を行います。

 再度、抽選のボタンを押すと、当選発表用パソコンは「抽選中」の画像表示をはじめます。

図3 抽選会ソフトの画面
図3 抽選会ソフトの画面

通信コマンドの仕様

 抽選は、特賞・一等・二等・三等・四等などを作りました。それぞれ、特賞(1%)・一等(5%)・二等(10%)・三等(20%)・四等(64%)のランダムで表示させます。

 通信は抽選開始命令=「9」、特賞=「0」、一等=「1」、二等=「2」、三等=「3」、四等=「8」と一文字ずつ送ることにします。

図4 抽選会ソフトのイメージとシリアル通信の流れ
図4 抽選会ソフトのイメージとシリアル通信の流れ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト 横塚 利津子(ヨコツカ リツコ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2017年5月時点での登録メンバは52名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

バックナンバー

連載:C#で学ぶインターネット時代のシリアル通信
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5