Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【第2回】TECSによるアプリケーション開発

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/12/07 13:14

 今回は、TECSによるアプリケーション開発手順について概観した後、TECSのコンポーネント図とその構成要素について説明します。コンポーネント図によりソフトウェア構造の見える化が図られます。 また、構成要素とともに TECS の用語を説明していきます。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 大山 博司(おおやま ひろし)

    TOPPERSプロジェクト コンポーネント仕様ワーキンググループ主査 オークマ株式会社 FA システム本部 主管技師 オークマ株式会社(当時は大隈鉄工所)に入社以来、数値制御装置の制御ソフトウェア開発に従事する。 博士(工学)

バックナンバー

連載:組込みコンポーネントシステムTECS
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5