Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本の帳票開発には、コンポーネントが効く!
現場視点で見たActiveReports導入のススメ

機能をとるか、費用をとるか。エディション選択はお客様の目線で

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/04/20 14:00

 Windowsを用いたシステム構築において、帳票印刷は細心の注意が必要なカテゴリの1つです。グレープシティが提供するコンポーネント「ActiveReports」を利用すると、より効率的な帳票開発が可能になります。本稿では、ActiveReportsのいくつかの特徴的な機能を紹介します。また、エディション間による搭載機能の違いについても説明します。

目次

効率的な帳票開発の鍵はコンポーネント導入

 Windowsを用いたシステム構築において、帳票印刷は細心の注意が必要なカテゴリの1つです。日本は独自の帳票文化を持っており、海外に比べ印刷物を重要なポイントとみなし、クオリティの高いものを求められます。そのため、標準で開発ツールに搭載されている帳票作成機能では、なかなか要件を満たすのが難しいというのが現状です。

 対策として、グローバルスタンダードの名の下に日本独自の帳票文化を廃し、アメリカ的な印刷物にするというスタンスもあるとは思います。しかし、本当に有用な印刷物であるならば、日本的な帳票の採用を見送る必要はないと思うのです。

 例えば、発注書、納品書、請求書などお客様とのデータ連携では、紙の帳票によるやりとりは除外する事はできないものですし、帳票そのものが納品物であり、お客様へのプレゼンだとも捉える事ができるでしょう。また、紙の帳票と同じくらい凝ったデザインのPDFファイルを出力したい場合もあると思います。電子化がすすんでいる今だからこそ、必要な帳票(紙、PDF)については十分に凝ったものにしたいという要望もあります。

 開発ツールの標準機能では必要とされる帳票が効率的に作成できないのであれば、帳票を効率的に作成できるサードパーティ製のコンポーネントを導入すればよいのです。グレープシティのPowerToolsシリーズは、開発ツールの標準機能には存在しない、あるいは効率的に作成できない部分を肩代わりするコンポーネントを多数提供しています。もちろん帳票を効率的に作成できるコンポーネントも存在します。

ActiveReportsの特徴

 グレープシティの「ActiveReports for .NET」は、Windowsアプリケーション(Windowsフォーム)、Webアプリケーション(Webフォーム)、XML Webサービスで、印刷帳票やPDF帳票などを効率的に作成するためのランタイムライセンスフリー(購入は開発環境分のみ)な.NETコンポーネントです。

 ActiveReportsは高度な帳票ニーズにも対応できる製品です。これは、海外のコンポーネントでありながら日本語版開発はグレープシティで行っていたという事が大きく影響しています。しかも、2008年10月には製品所有権そのものもグレープシティに移り、機能や品質だけではなくまさに名実ともに日本産コンポーネントといってよいでしょう。

 まずは、このActiveReportsのよさを知ってもらうために、簡単に利用方法を見ていきたいと思います。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 初音玲(ハツネアキラ)

     国内SIerのSEでパッケージ製品開発を主に行っており、最近は、空間認識や音声認識などを応用した製品を手掛けています。  個人的には、仕事の内容をさらに拡張したHoloLensなどのMRを中心に活動しています。  Microsoft MVP for Windows Development...

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(ActiveReports)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5