CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PHP 5でSOAPおよびRPC Webサービスを開発する

PHPでWebサービスを作成および利用する2つの標準的な方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/08/04 14:00
目次

PHP Webサービスの開発

 標準のPHPディストリビューションには、Webサービスの作成および利用を促進するための各種ツールキットがあり、中には最近追加されたばかりのものもあります。ある程度歴史のあるサードパーティのツールキットは、本稿の執筆時点(2009年4月)では、非常に安定しているか、更新が止まっています。例えば、SOAPベースの開発で人気の高いNuSOAツールキットは、現在は安定していますが、2005年7月以降は更新されていません。NuSOAP(0.7.1)プロジェクトは現在sourceforge.netによってホストされており、ここしばらくは更新されていません。また、XMLRPCサービスの開発で使われるphpxmlrpc(バージョン2.2.2)ツールキットもsourceforge.netでホストされていますが、最新の更新は2009年3月16日です。Zend Frameworkにはさらに別のサードパーティツールキットが付属しており、クライアントとサーバの両方を含むXML-RPC実装を提供します。

 最新のPHPディストリビューションには、WS開発用に設計された2つのネイティブの拡張モジュール(ext/php_xmlrpcext/php_soap)が付属しています。これらの拡張モジュール(またはいずれか1つ)をインストールして、php.iniの中で有効にする必要があります。

Ex. From windows php.ini :
[PHP_XMLRPC]
extension=php_xmlrpc.dll   

SOAP PHP Webサービスの作成

 本稿の例は、PHP 5およびApache 2 Webサーバを使って作成されています。そこで、実際の実装に進む前に、Apache WebサーバとPHPをインストールしてください。PHPのインストール時に、Apacheの使用を指定し、xml-rpcおよびxml-soap拡張モジュールを有効にします。

 本稿の例では、ネイティブの拡張モジュールを使用しました。XML-RPCおよびSOAP用のネイティブの拡張モジュールの使い方は単純です。コントラクトファーストサービスの作成方法がわかっていて、WSDLを理解しているのであれば、WSDLファイルを作成し、SOAPサーバを構築し、WSDLのURLを渡すことができます。SOAPサーバは非WSDLモードで構築することもできます。その場合は、nullおよび名前空間で使用するURLを渡します。SOAPの概念に精通していない場合は、後述のXML-RPC方式を使用できます。

 以下の例では、数値配列をパラメータとして取り、すべての要素の合計を返すWebサーバを作成します。最初はSOAP方式で作成し、次にXML-RPC方式で作成します。

SOAP実装

 SOAP方式でサービスサーバを作成するには、通信構造を定義するWSDLファイルを作成し、次に、サーバとクライアントのPHPコードファイルを作成する必要があります。

 WSDLファイルの例を次に示します。太字部分で、サーバは配列を受け取り、文字列を返すことに注意してください。また、末尾部分では、着信リクエストと有効なオペレーション名(getHW)に対してサーバのエンドポイントが指定されていることにも注意してください。

<?xml version ='1.0' encoding ='UTF-8' ?> 
 

<message name='getHWRequest'> 
  <part name='id' type='xsd:array'/> 
</message> 
<message name='getHWResponse'> 
  <part name='Result' type='xsd:string'/> 
</message> 

<portType name='HWPortType'> 
  <operation name='getHW'> 
    <input message='tns:getHWRequest'/> 
    <output message='tns:getHWResponse'/> 
  </operation> 
</portType> 

<binding name='HWBinding' type='tns:HWPortType'> 
  <soap:binding style='rpc'    transport='http://schemas.xmlsoap.org/soap/http'  /> 
  <operation name='getHW'> 
    <soap:operation soapAction='urn:localhost-hw#getHW'/> 
    <input> 
      <soap:body use='encoded' namespace='urn:localhost-hw' encodingStyle='http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/'/> 
    </input> 
    <output> 
      <soap:body use='encoded' namespace='urn:localhost-hw' encodingStyle='http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/'/> 
    </output> 
  </operation> 
</binding> 

<service name='HWService'> 
  <port name='HWPort' binding='HWBinding'>
  <soap:address location='http://localhost/soap-server.php'/>
  </port> 
</service>
</definitions>

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:japan.internet.com翻訳記事

もっと読む

著者プロフィール

  • japan.internet.com(ジャパンインターネットコム)

    japan.internet.com は、1999年9月にオープンした、日本初のネットビジネス専門ニュースサイト。月間2億以上のページビューを誇る米国 Jupitermedia Corporation (Nasdaq: JUPM) のニュースサイト internet.com や EarthWeb.c...

  • Vlad Kofman(Vlad Kofman)

    ウォールストリート有数の企業でエンタープライズレベルのプロジェクトに携わる。また、米国政府の防衛関連の仕事も手がけている。特に関心を寄せているのは、オブジェクト指向プログラミング方法論、UI、デザインパターン。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5