CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「RubyWorld Conference 2009」のプログラムが確定
9月7~8日に島根で開催、参加登録は21日まで

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/08/07 16:05

 プログラミング言語「Ruby」のビジネス系カンファレンス「RubyWorld Conference 2009」の全スケジュールが確定した。参加費は無料(レセプションは別途5,000円)、参加登録は既に始まっており、21日までの予定となっている。

 プログラミング言語「Ruby」のビジネス系カンファレンス「RubyWorld Conference 2009」が、島根県立産業交流会館「くにびきメッセ」にて9月7日~8日の2日間にわたり開催される。このカンファレンスについて、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が提供する「Rubyの国際標準化」トラックの概要が発表され、全スケジュールが確定した。参加費は無料(レセプションは別途5,000円)で、イベント公式サイトより事前の登録が可能。参加登録は既に始まっており、21日までの予定となっている。

 基調講演には、まつもとゆきひろ氏による「未来へのRuby」、またXMLの第一人者でJRubyを推奨していることでも知られるSun MicrosystemsのTim Bray氏による「What is Ruby For?」が予定されている。IPAが提供する「Rubyの国際標準化」トラックでは、まつもとゆきひろ氏が「Ruby標準化の意義」と題した講演を行うほか、各社ベンダーからパネラーを迎えてパネルディスカッションが行われる。

 
【関連リンク】
RubyWorld Conference

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5