CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースApache Tuscanyで楽しむSOA
第7回「JRubyをサービス化しましょう」

CalcChargeをJavaからJRubyに書き換え

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/12/18 14:00

ダウンロード サンプルコード (18.9 KB)

 SOAは混沌とした段階から、JBI準拠製品、SCA準拠製品が開発されるに至り、エンタープライズレベルまで進化してきました。この連載では、 オープンソースのSCA準拠製品である「Tuscany」を使ったSOAの開発について説明していきます。第7回目の今回は、買い物かごの合計金額と送料を計算するコンポーネント「CalcCharge」の実装をJavaからJRubyに書き換えます。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/11/24 00:14 執筆完了しました

バックナンバー

連載:オープンソースApache Tuscanyで楽しむSOA

もっと読む

著者プロフィール

  • 川久保 智晴(カワクボ トモハル)

    haruプログラミング教室(https://haru-idea.jp/)主宰。 COBOL、FORTRANで13年、Javaを中心としたWeb開発で11年。3つしか言語知らないのかというとそうでもなく、sed/awk、Perl、Python, PHP,  C#, JavaScript...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5