Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースApache Tuscanyで楽しむSOA
第8回「Groovyもサービス化しましょう」

Groovyも既存のSCAアプリケーションに組み込めます

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/12/24 14:00

ダウンロード サンプルコード (1.1 KB)

 SOAは混沌とした段階から、JBI準拠製品、SCA準拠製品が開発されるに至り、エンタープライズレベルまで進化してきました。この連載では、オープンソースのSCA準拠製品である「Tuscany」を使ったSOAの開発について説明していきます。連載第8回では、「CalcCharge」の実装をGroovyへも簡単に置き換えられることを説明します。

目次

はじめに

 この連載では、「オープンソースApache Tuscanyで楽しむSOA」として、オープンソースのSCA準拠製品である「Apache Tuscany」を取り上げ、SOA(サービス指向アーキテクチャ)の開発について説明していきたいと思います。今回は、サービスの実装に他の言語を使用する方法について、前回のJRubyへの書き換えに続き、Groovyへも簡単に置き換えられることを説明します。

これまでの連載

一度分かってしまえば

 前回は、CalcChargeImplという送料と合計金額の計算をしているJavaコードをJRubyに書き換え、コンポジットファイルを少し変更するだけで実装コードを置き換える方法を説明しました。前回は苦労しましたが、一度置き換え方を習得してしまえば、置き換えるものがGroovyであれ、Jythonであれ非常に簡単です。Groovyに至っては10分で置き換えることができました。慣れてしまえば、さらに早くなるはずです。

 ここまではJavaのコードを置き換えることだけを話題にしてきましたが、責務を与えたコンポーネントを実装するのにどの言語がふさわしいかという視点から言語を決定し、開発することも可能となります。あるいは限られた要員のスキルにあった言語で実装し、Tuscanyで組み合わせることによりアプリケーションを開発することも可能なのです。

 正確な数字は忘れてしまいましたが、IBMのセミナーで「世界には、JavaやC++などの言語を使える技術者は300万人、PHPを含めたスクリプト言語を使える技術者は1500万人いる。スクリプト言語を使える技術者をもっと巻き込んでアプリケーションを作成しないのはもったいない」のような話を聞き、非常に感銘した記憶があります。そのセミナーはTuscanyに関係ありませんでしたが、Tuscanyはその思想を受け継いでいるように思えます。コードをコンポーネント化し再利用することで、アプリケーションの開発が迅速化し、開発コストも低減できるという話は皆さんも耳にタコができるほど聞かされ、実際には思ったほど容易ではないと考えていらっしゃる方も多いと思います。このような意味でのコンポーネントであれば、SCAによってようやく実現できたと筆者は考えています。SCAを実装したTuscanyを使えば、コンポーネントが本当にレゴブロックに見えてきます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/12/25 11:44 読者の方の指摘で「XX言語を作れる」というのは不適切ではとの指摘を受け、確かに誤解を招くと判断し、「XX言語を使える」と表現を変えました。

著者プロフィール

  • 川久保 智晴(カワクボ トモハル)

    haruプログラミング教室(https://haru-idea.jp/)主宰。 COBOL、FORTRANで13年、Javaを中心としたWeb開発で11年。3つしか言語知らないのかというとそうでもなく、sed/awk、Perl、Python, PHP,  C#, JavaScript...

バックナンバー

連載:オープンソースApache Tuscanyで楽しむSOA

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5