CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ADO.NET Data Services(WCF Data Services)を使用してデータサービスを構築する

Silverlightで行うデータ処理アプリケーション開発の第一歩 第2回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回も説明したとおり、Silverlightのデータ操作用のWebサービスは大きく分けると、SOAP形式のものとREST形式のものがあります。今回の記事では、REST形式に該当するADO.NET Data Servicesを用いてデータサービスを構築し、そのサービスを用いたデータの取得手順を紹介します。

目次

はじめに

 Silverlightを用いデータベースからデータを取得する場合、基本的には直接データベースに接続することはできないため、データ操作用のWebサービスを通じて行うことになります。

 前回も説明したとおり、このWebサービスは大きく分けると、SOAPをデータフォーマットとしたもの(WCF、ASMX)と、REST形式のもの(ADO.NET Data Services)という選択肢があるわけですが、今回の記事では、ADO.NET Data Servicesを用いてデータサービスを構築し、そのサービスを用いたデータの取得手順を紹介します。

メモ

 2009年11月に行われたProfessional Developer Conference(PDC)において、ADO.NET Data Servicesは今後「WCF Data Services」と名称変更されることが発表されました。

サンプルシステムの紹介

 前回も紹介しましたが、この連載はサンプルシステムをベースに説明を行います。 以下のサイトからサンプルコードや実行ファイルを入手して、確認しながら読み進めていただけると、より一層理解が深まると思います。

サンプルアプリケーションの公開サイト

ADO.NET Data Servicesとは?

 現在のWebアプリケーションの多くは、Webページの構成として、HTMLとしての文章の論理構造や見た目の記述以外にも、アプリケーションの制御コードや、データそのものが内包されていることがほとんどです。

 しかし、AJAXやSilverlightといったリッチなWebアプリケーションを構築するためのテクノロジーでは、プレゼンテーションの情報や制御コードなどから独立して「データ」のみをやり取りする仕組みが要求されます。クライアントからの初回のリクエストで、最初のユーザーインターフェイスが表示されますが、その後のユーザーの操作(タブをクリックしたなど)によって、別途データのみを取得する必要性が発生するからです。つまり、ユーザーインターフェイスに依存しないデータの可搬性が要求されていると言えるわけです。

プレゼンテーションとデータの分離
プレゼンテーションとデータの分離

 ADO.NET Data Servicesは、こうしたWeb環境におけるデータの独立性を高める目的で設計されているテクノロジーであり、データを社内ネットワークやインターネット経由で使用できるWebサービスとして公開する機能を実装しています。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • マイクロソフト株式会社 小高 太郎(コダカ タロウ)

    マイクロソフト株式会社 デベロッパーエバンジェリスト。 某国内SI企業にてERPパッケージ開発に携わり、プログラマー、SE、PMと様々なロールを担当すると共に、Microsoft Universityの講師を兼務する。マイクロソフト株式会社では、デベロッパーエバンジェリストとして開発者向けに様々な...

バックナンバー

連載:Silverlightで行うデータ処理アプリケーション開発の第一歩
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5