Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google App Engine/JavaでのScala/Liftアプリケーション開発(後編)

GoogleサービスのAPIを利用してアプリケーションを構築

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/05/21 14:00

 前後編で構成される本連載では、ScalaおよびLiftをGAE/Java上で動作させる方法を解説した後、サンプルアプリケーションでGoogleが提供するさまざまなAPIを利用した、GAEならではのアプリケーションを作成して、GAEでのアプリケーション作成のイメージをつかんで頂くことを目標とします。

目次

はじめに

 前回の「Google App Engine/JavaでのScala/Liftアプリケーション開発(前編)」では、Google App Engine(GAE)JavaでLiftアプリケーションを利用する基本的な方法を解説しました。

 後編である本稿では、前回作成したイベント管理アプリケーションに機能追加を行いながら、Googleが提供するemailサービスやスケジュールサービス(cron)、TaskQueue(非同期バックグラウンド処理)などを利用してアプリケーションを構築する方法について説明します。

 また、これまで説明していなかったLiftViewによるテンプレートを利用しないレスポンスの生成や、カスタムディスパッチで任意のURLの処理を行う方法も紹介します。

対象読者

  • Javaは知っているが、Scalaも学んでみたいと思っている方
  • ScalaでのWebアプリケーション開発に興味がある方
  • Google App Engineでのアプリケーション開発に興味がある方

動作環境

  • J2SE 6.0 JDK
  • Apache Maven 2.20
  • Scala 2.7.7.final

Googleアカウントによる認証の追加

 Google App Engine上で動作するアプリケーションは、GoogleアカウントAPIを利用して、Googleアカウントを持つユーザーを認証できます。

図1:GoogleアカウントAPIでのログイン画面
図1:GoogleアカウントAPIでのログイン画面

 GoogleアカウントAPIを利用することで、ユーザーの管理自体をGoogleに任せることができ、ログイン画面などをアプリケーションで用意する必要もなくなり、簡単にユーザー認証の機能をアプリケーションに組み込むことができます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト 尾崎 智仁(オザキ トモヒト)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Google App Engine/JavaによるScala/Liftアプリケーション開発
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5