Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google App Engine/JavaによるScala/Liftアプリケーション開発(前編)

Liftアプリケーション開発の基本とDataStoreの利用

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/04/16 14:00

 前後編で構成される本連載では、ScalaおよびLiftをGAE/Java上で動作させる方法を解説した後、サンプルアプリケーションでGoogleが提供するさまざまなAPIを利用した、GAEならではのアプリケーションを作成して、GAEでのアプリケーション作成のイメージをつかんで頂くことを目標とします。

目次

はじめに

 Google App Engine(GAE)/Javaでは、Java仮想マシン上で動作する言語を利用することができます。例えば、JRubyやGroovyなどです。

 Scalaも、コンパイルすることによりJava仮想マシン上で動作するクラスファイルを生成する言語ですので、当然、GAE/Java上で動作させることができます。

 Scalaが動作するということは、ScalaでできているWebアプリケーションフレームワークであるLiftを元に作成されたアプリケーションを、GAE/Javaに載せることができるということです。

 前後編で構成される本連載では、ScalaおよびLiftをGAE/Java上で動作させる方法を解説した後、サンプルアプリケーションでGoogleが提供するさまざまなAPIを利用した、GAEならではのアプリケーションを作成して、GAEでのアプリケーション作成のイメージをつかんで頂くことを目標とします。

 Liftについての基本的な解説は、「Scala + Lift実践開発」をご覧ください。

対象読者

  • Javaは知っているが、Scalaも学んでみたいと思っている方
  • ScalaでのWebアプリケーション開発に興味がある方
  • Google App Engineでのアプリケーション開発に興味がある方

動作環境

  • J2SE 6.0 JDK
  • Apache Maven 2.20
  • Scala 2.7.7.final

Google App Engine/Java

 Google App Engineについてはご存じの方も多いかと思われます。ひとことで言うと「任意のアプリケーションをGoogleが提供するクラウド環境で動作させることができるサービス」でしょうか。詳しい解説については、以下の記事をごらん頂くのが手っ取り早いと思われます。

Google App EngineでのLift

 LiftのGoogle App Engineへの対応ですが、現在の安定バージョンである1.0系では、Google App EngineでのAPI制限のため、残念ながらそのままGoogle App Engine上でアプリケーションを動作させることができません。しかし、次バージョンであるLift1.1では、Google App Engineへの対応が取り込まれており、このLift1.1で構築されたアプリケーションは問題なく動作します。

 とはいえ、Google App Engineでの制限により、LiftでのCommetサポートはGoogle App Engine上で動作するアプリケーションでは利用することができません。これは、Google App Engine上ではユーザーがThreadを生成できないためです。

 また、データベースへのアクセスを行うLift/Mapperも、Google App Engine上でのデータストアにそのままでは対応していません。JPA/JDOを経由することで、限定的ながらLift/Mapperを利用することはできます。

 Lift/Mapperについては、「Scala+LiftフレームワークのModel」を参照してください。

開発環境の構築

 Google App Engineでのアプリケーション開発を行うための環境について説明します。

 通常のScala/Liftの開発環境の他に、Googleが提供するGoogle App Engine用のSDKが必要になります。

 具体的に必要なソフトウェアは、次のとおりです。

JDKのインストール

 JDKについては、「Java SE ダウンロード」より、OSに合ったインストーラーをダウンロードしてインストールしてください。

Apache Maven、Scala、Google appengine java SDKのインストール

 Apache Maven、Scala、Google App Engine SDK for Javaについては、各ダウンロードページより圧縮ファイルを取得して任意のディレクトリに展開し、展開されたディレクトリ以下のbinディレクトリを実行パスに設定します。

 Google appengine java SDKは、python版とJava版がありますので、Java版(python版の下にあります)をダウンロードするように注意してください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト 尾崎 智仁(オザキ トモヒト)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Google App Engine/JavaによるScala/Liftアプリケーション開発
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5