Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

WCF RIA Servicesの仕組み

Silverlight 4で作る新しいRIAアプリケーション(4)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンロード sample.zip (793.6 KB)

 前編ではWCF RIA Servicesを使って、データの検索と更新をデザイナーを利用して作成しました。今回は、検証や共有コードといったWCF RIA Servicesの裏側のコードを確かめながら、どのようにn階層のアプリケーションを実現しているか、どこで気をつけるべきかを確認します。

目次

はじめに

 前編ではWCF RIA Servicesを使って、データの検索と更新をデザイナーを利用して作成しました。今回は検証や共有コードといったWCF RIA Servicesの裏側のコードを確かめながら、WCF RIA Servicesがどのようにn階層のアプリケーションを実現しているか、どんなところで気をつけるべきかを確認していきます。

 WCF RIA ServicesをSilverlightプロジェクトに適用する方法や、DomainContextに定義されたデータソースをSilverlightで利用する方法については前編を確認してください。

自動生成コードに迫る

 前編で紹介したサンプルには、WCFの呼び出しコードや、データの検証コードは存在していないように見えます。WCF RIA Servicesのアプリケーションでは、サービスの呼び出しやデータの検証をどのように行っているのでしょうか。

 前編のコラムでも少し触れましたが、これらの仕事はサーバ側で定義した情報を元に、WCF RIA Servicesが自動生成したコードが行っています。

 自動生成コードを確認したい場合は、一度ソリューションをビルドした後、Visual Studioのソリューションエクスプローラで、Silverlightアプリケーションのプロジェクトのファイルをすべて表示します。Generated_Codeフォルダの下に、*.Web.g.csや、Share.csといったファイルが確認できます(図1)。

 WCF RIA Servicesでは、これらの自動生成されたコードがデータの検証やサービスの呼び出しといった仕事を請け負っています。

図1 自動生成コードの表示
図1 自動生成コードの表示

エンティティとメタデータクラス

 サーバ側に定義したエンティティクラスが、Silverlightのコードとしてどのように利用されているか見ていきましょう。

 今回のサンプルでは、データアクセスにはEntity Frameworkを利用しているため、エンティティデータの本体は「お小遣いEntites.Designer.cs」に定義されています。

 図2は、お小遣いデータモデルを定義した直後のソリューションエクスプローラの様子です。

図2 エンティティデータモデルを追加した直後
図2 エンティティデータモデルを追加した直後

 このプロジェクトに対し、前編で解説したようにドメインサービスを追加すると、図3のようにデータに対する操作を定義する「お小遣いService.cs」と、エンティティデータのメタ情報を定義する「お小遣いService.metadata.cs」がソリューションに追加されます。

図3 ドメインサービスを追加した直後
図3 ドメインサービスを追加した直後

 ドメインサービスの本体である「お小遣いServices.cs」については後述するため、まずは「お小遣いService.metadata.cs」について見ていきましょう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト かるあ (杉山 洋一)(カルア(スギヤマ ヨウイチ))

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2017年5月時点での登録メンバは52名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

バックナンバー

連載:Silverlight 4で作る新しいRIAアプリケーション

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5